好きな男性のタイプとして、「優しく尽くしてくれる人」を挙げる女性は多いのではないでしょうか。

しかし、出会ったばかりだと、相手の性格を完全には把握しづらいものです。

そこで今回は、尽くしてくれる男性の見極め方をご紹介します。

人に尽くせる男性には、どんな特徴があるのか。ぜひ気になる彼の人となりを見抜く参考にしてみてくださいね。

優しく尽くしてくれる男性に共通するポイント3つ

人のミスを責めない

人に尽くせる人は、根本的に性格が優しかったり、厭わず奉仕ができる人だったりすると思います。

たとえば、一緒にいるときに飲み物をこぼしてしまっても嫌な顔をせず片付けてくれるなど、相手の言動にとやかく口を挟まず、取るべき行動が取れる人です。

人のミスを責めずに温かい目で見てくれる人は、おおらかな人であり、それだけ器の大きい人でしょう。

逆に人のミスに敏感でとやかく言いがちな人は、人に尽くすのではなく、尽くされたい気持ちが強い人なのかもしれません。

人はいざというときに、本来の人間性が出るといいます。

自分が失敗してしまったとき、相手がどんな反応を取るのか、それとなく観察すると、相手の優しさや、付き合った後の尽くし具合がわかるかもしれません。

肯定してくれる

優しく人に尽くせる人は、人の良さに目を配れる人だと思います。

仕事で落ち込んでいるとき、いままでの頑張り具合を認めてくれたり、髪型が変わったときや、新しい服やメイクを試したとき、気づいて「いいね」と言ってくれるのは、尽くせる男性の特徴です。

なんとか自己肯定感を高めようとしてくれたり、褒めてくれたりする男性は、優しい人であり、人に尽くせる人でしょう。

人の欠点が目につき、指摘するのは、割と誰でもできることです。

しかし、相手の良さに目を向け、上手に褒められるのは、それだけ相手に関心があり、コミュニケーション能力がなければできないことです。

優しく、人に尽くせる男性は、それだけいい男である可能性も高いです。

ぜひ物事を上手に肯定し、褒め上手な男性をゲットしましょう。

ケンカではなく話し合いができる

ケンカではなく話し合いができる

優しく人に尽くせる人ほど、長い目で物事を見ることができ、感情的ではない傾向にあるように思います。

たとえば、仕事でもプライベートでも、相手と意見が食い違ったときに、一方的に意見を押し付けるのではなく、きちんと話し合いをしようとするのは、それだけ性格が優しく、人に尽くしたい気持ちがあるからこそ、できることなのかもしれません。

デートでしたいことが食い違ったときや、付き合ってから、相手の思わぬ一面を見たときに、あなたの意見や希望に対して、彼がどう対応を取ってくれるのかが、そのときの対応からわかりそうです。

尽くしてくれる男性を見つけよう

「優しい人がいい」「尽くしてくれる人が好き」とはいっても、付き合う前はなかなか見抜きづらいもの。

好きな人には、多くの男性が大抵優しく、尽くしてくれるからです。

相手の人となりを上手に見抜いて、後悔のない恋愛ができるよう、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)