奥手な男性はなかなか本音を周囲に話さないでしょう。

「もっと話してよ!」ともどかしくなってしまうことも。

でも、奥手な男性は本命の女性にだけ話すことがあるのだとか。

そこで今回は、奥手男性が「好きな子にだけ言うこと」を3つご紹介します。

こんな話をされたら本命?奥手男性が「好きな子にだけ言うこと」3つ

1.趣味について

「女友達がいない。でも、彼女には自分を理解して欲しいと思うから、良い感じの子が出来たら趣味について話そうと思う。出来れば一緒に楽しみたいし」(28歳男性/ドライバー)

友達がいないわけではないけれど、「趣味の楽しさを共有できる異性が欲しい」と思うのは奥手な男性ならではの考えといえます。

同じことに興味が湧く保障はないけれど、ただでも仲の良い異性が少ないのだからこそ、せっかく仲良くなった異性とは趣味を共有して楽しみたいと考えるようです。

あまり人懐っこくない印象の男性から急に趣味の話を切り出されたら、彼女候補になっていると考えても良いでしょう。

2.仕事の悩み

「仕事のことで愚痴っぽいと、出来ない男だというレッテルを貼られてしまいそう。本当に信頼できる人でないと話せないと思うし、本当に信頼できる人ってなかなか出来ない。

好意を抱いている人には、内緒で話せそうだと思う」(29歳男性/営業)

奥手男性は異性にも同性にも、仕事の悩みを打ち明けれずに悩んでいることが多いのだとか。

愚痴ばかりのダサい男性だと思われたくないというプライドと、そもそも信頼できる人が出来ないという悩み。

そのふたつから奥手男性は仕事の愚痴を周囲にこぼすことは基本的にありません。

もしも、奥手な男性に仕事の相談をされたら、そのときは脈ありかも!

3.恋の相談

「好きな子と普通に会話できるようになって、食事とか行けるくらい親しくなったとしたら、『今、付き合いたいなと思う子がいるんだけど…』と相談して切り出します。

その子から、だったら告白したら良いじゃん!って背中を押してもらえたら『付き合いたいのは君だよ』って伝えたい」(31歳男性/人事)

奥手男性ですから、まさか「俺、告白したらOKもらえるだろ!」なんて強気に告白なんて絶対にしてきません。

では、どんな風にアプローチをするのか……。

ズバリ、「彼女になって欲しい子がいるんだけど、どうしたら良いと思う?」と、気になる女性本人に対して言ってしまうというのです。

奥手男性の本命サインに気付いて

奥手男性と仲良くなって、彼女にしたいと相談されたら……それはきっと、素敵な交際のはじまりになるかも!

ぜひ、会話を楽しみ距離感を詰めることに焦らずに関係を深めていってくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)