気になる彼や付き合っている彼へのアピールは、相手の年齢を考えたうえで行うと効果ありです。

今回は、年下男子をゾッコンにするためのテクニックを教えます。

ゾッコン♡年下男子を夢中にさせるワザ4つ

ストレートな言葉を使う

たとえば、デートの待ち合わせ場所で会ったときは「会いたかった」。

久しぶりに会うときは「寂しかった」。

別れ際に「もっと一緒にいたかったな」など、気持ちを伝えるときはストレートな言葉を選びましょう。

年下男子に「自分は特別な存在なんだ」と感じてもらうことで、恋の進展がよりスムーズにいくでしょう。

褒めちぎる

年下男子は自分にとって「後輩」「部下」というパターンが多いのではないでしょうか。

そのため、日々の生活で男子の心の中では「褒めてほしい」という欲求が高まっているかもしれません。

そこを逆手にとって、「褒めちぎってあげる」と男子は一気に夢中になるでしょう。

たとえば、デートの計画は年下男子任せてみてください。

そしてデート当日は、いたるところで彼を褒めましょう。

相手の心はどんどん満たされて「またあなたに褒めてほしい」と感じるようになるかもしれません。

ギャップを見せる

ギャップを見せる

年齢に関係なく、男子は女子をリードしたいものです。

普段は年上女子としてかっこよく振る舞っている場合は、時々ギャップを見せると効果的です。

たとえばデート中に少しお酒を飲んだら、少し彼に甘えてみるのもいいかもしれません。

もちろん、やりすぎはNGです。

タイミングを見計らって、隙を見せてくださいね。

ひざまくらをする

やはり、ひざまくらは最強テクニックです。

年下男子は2人きりのときに甘えさせてくれる年上女子に、ゾッコンになりやすいもの。

可能であれば、男子にもひざまくらをしてもらうといいかもしれません。

自分の膝の上にいる彼女を見れば、独占欲も満たされるはず。

甘えたい欲求と独り占めしたい欲求の両方を叶えるひざまくらで、彼をメロメロにしちゃいましょう!

男子の気持ちを考えて効果的なアピールを!

恋愛のテクニックは、相手の年齢や性格を考慮して行うとより効果的です。

すぐに取り入れられるものもありますので、ぜひ実践してみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)