仕事をはじめお互いなかなか都合が合わなかった日がつづき、ようやく久しぶりのデートの約束ができた。

そんなときはいつも以上に気合が入りそうですし、彼にもとびっきり楽しんでほしいと考えるものでしょう。

そこで今回は「久しぶりのデートで、彼をドキドキさせる方法」を紹介します。

もっと盛り上がる!久しぶりのデートで、彼をドキドキさせる方法

上目づかいで「会いたかったよ」

「久々のデートの待ち合わせ。彼女が先にいたから後ろから肩をポンポンって叩くと、振り返った瞬間に満面の笑みで『遅い!』って言われた。別に遅刻したわけじゃなかったけど、彼女なりの照れ隠しだったのかな。

そのあと急に黙るから『どうした?』って声をかけたら、上目づかいで『会いたかったよ』って言われて悶絶!思わずハグしちゃいました」(28歳男性/マスコミ関係制作)

上目づかいは、女性のとっておきの武器。久々に会った瞬間に「会いたかった」という言葉といっしょに使うと最大の効力を発揮することでしょう。

そのあとのデートも盛り上がること間違いなし!そんなこするタイプじゃないという人も、久々の再開の瞬間にチャレンジしてみてください。

さらに彼をトリコにできるかもしれません。

別れ際は笑顔で気持ちを伝えて

「久しぶりのデートの別れ際、とっても楽しかったけど、またしばらく会えない寂しさを実感して沈黙の時間もあったんだけど、ふいに彼女がこっちを向いて笑顔で『今日は楽しかったよ!本当!次も楽しみにしてるからね!』といって軽くギュってしてくれたんです。

ますます離れたくなくなったけど……俺も、次のデートを楽しみに仕事を頑張ろうと思いました!」(25歳男性/食品メーカー営業)

デートの別れ際は寂しくなりがちだけど、それをあえて笑顔で過ごすことで、久々のデートも本当に楽しかったという印象を残すことができるでしょう。

不意打ちのハグやキスをすれば、最後にとっておきのドキドキ感を彼に味わってもらうこともできますよ。

デートの前日にLINEする

デートの前日にLINEする

「彼女と久々デートの前日、『明日やっと会えるね♡この日を楽しみに仕事頑張ったよ。明日はずっと手をつないでいようね♡』ってLINEがきたんです。普段そんなかわいらしいことを言う彼女じゃなかったから、キュンキュンしてやばかった!」(26歳男性/ジムインストラクター)

デートの前日にLINEをすることも重要。デートをとても楽しみにしていることを伝えてみましょう。

そうすれば、会ったときのドキドキ感をさらにアップさせることができるはず。

相手の顔が見えないLINEだからこそ、直接伝えづらい言葉も言いやすいのでは?

彼をキュンキュンさせられるので、さらに当日のデートが楽しみになるでしょう。

恥ずかしくても効果てきめん

いつもはちょっと恥ずかしいかも……という行動にチャレンジすることで、彼をドキドキ、キュンキュンさせることができるはずです。

とっておきの方法を使って、久しぶりのデートをさらに楽しみましょう。

(愛カツ編集部)