会話が苦手で、好きな人と上手く話せない……という悩みを抱えている女性は少なくないでしょう。

今回は、その解決法について考えてみます。

会話が苦手な女性が、好きな人と楽しくおしゃべりする方法

聞いて失礼なことはないと意識する

会話が苦手な人は、相手の気持ちを考えすぎる傾向があります。

「これを相手に聞くと失礼かな」と迷っているうちに、沈黙の時間が長引いてしまうこともあるでしょう。

気になることがあれば何でも聞かないと、会話が進みません。

失礼かな?と思ったら、「聞いてもいいですか?」と先に断ったうえで、聞いちゃいましょう。

相手だって、本当は話したいことかもしれません。

コンプレックスについて話す

コンプレックスにつながる話題を避けようとするあまり、「なにをしゃべったらいいのかわからない」と考えてしまう人もいます。

その場合、まずは自分のコンプレックスに感じていることをオープンにしましょう。

こうするだけで、会話の幅はぐんと広がります。

また、相手に素直な印象を与えることもできるでしょう。

もしも、コンプレックスをバカにするような人に会ったら、すぐに関係を断ち切ればいいのですから。

口下手ってコンプレックス?

そもそも会話が苦手なことって、コンプレックスに感じることでしょうか?

じつは、そんな女性を好む男性は意外といるようです。

それに、好きな人の前で口下手になってしまうのは、誰でも起こり得ることです。

会話が苦手で、恋愛を上手く進められないなら、そんな自分を愛してくれる男性を探すのも一つの手。

無理に改善しようとしなくてもいいのではないでしょうか?

自分を素直に表現するのも大事

恋愛に限らず、自分を正直に表現するのはとても大切なことです。

ありのままの自分をアピールして、彼が嫌だと言ってきたら、他の男性を探せばいいのではないでしょうか。

素敵な自分ばかりではなく、不器用で素直な自分も愛しましょう。

(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)