いろいろな異性と付き合う経験をすると、そのなかでも「この人はずっと一緒にいたいと思った」「あの人はすぐに別れようと思った」など、同じ付き合うと言っても相手に対する印象には大きな差があると思います。

では、一番いい印象、すなわち「ずっと一緒にいたい」と思うのは、どんな相手なのでしょうか?

今回は男性の意見をもとに、「ずっと一緒にいたい愛され彼女」の特徴をご紹介します。

「ずっと一緒にいたい」と思われる、愛され彼女の特徴は?

気が抜ける関係

「ちょっと家のなかが散らかっていても、まあいいか。みたいな。小さいことでお互いカリカリしない関係がいいよね」(31歳男性/営業)

「前の彼女は、些細なことでケンカして嫌になった。少しくらいのお互いのズレを認めてくれる人がいい」(30歳男性/研究員)

ちょっとでも気に入らないことがあるとイライラして、文句を言う。少しでも自分の意にそぐわないことがあるとガミガミ言う。

そんな相手とは一緒にいたくない、と誰でも思いますよね。

反対にちょっとくらいのことを大目に見られる女性は「一緒にいたい」と思われるようです。

一緒にいると楽しい

「特段大したことをしなくても、一緒に楽しくいられる相手はいいな。毎日イベントばっかりじゃないから」(28歳男性/人事)

「一緒にいるだけで、嬉しくなる相手。顔を見るだけでいいかなって思う彼女はいいよね」(30歳男性/介護職員)

特別なことをしなくても楽しい、というのは長続きする関係には重要。

毎日が楽しい特別なイベントばかりではなく、一緒にいるということは日常を過ごすことだからです。

日常を一緒に楽しく過ごせる相手であることが何よりも重要です。

弱みを見せられる

「前の彼女は、ダメなところを見せるとめちゃ文句を言われた。でも、いまの彼女は『まあいいよ』と言って認めてくれる」(29歳男性/SE)

弱みを見せられないような相手だと、一緒にいて気が休まることがありません。

お互いにダメなところを見ても、「まあ、そういうところもあるよね」と受け入れられることが大事です。

そんな関係を築ける相手とは「ずっと一緒にいたい」と男性は思うものです。

いいところだけ見せ合う、うわべの関係は長続きしませんよね。

以心伝心である

「自分が『これをしてほしい』と内心思ったことを彼女が自然とやってくれる。そんな子は手放したくないよね」(30歳男性/広告営業)

「相手がしてほしい事が分かるし、こっちがしてほしいことも相手は分かってくれる。そんな相手と一緒だと疲れなくていい」(33歳男性/地方公務員)

前の3つの項目にも共通して言えることですが、一緒にいて落ち着く相手、らくに一緒に過ごせる相手が「ずっと一緒にいたい」相手ということ。

いくら大恋愛でも、一緒にいて疲れる相手とは長く一緒にいるのは難しいですよね。

最初は、お互いのことをよく知るための会話が必要ですが、「以心伝心」でコミュニケーションができるのは理想的。

長続きする関係とは…

相手に「ずっと一緒にいたい」と思われるためには、あなた自身も「ずっと一緒にいたい」と考えることがまずは大事です。

お互い一緒にいて心地よい関係を築くためには、両者の意識が一致するところから始まります。

どちらかが無理をする関係では長続きしないのです。

それを頭に入れて、彼と一緒に過ごすようにしましょう。

(愛カツ編集部)

●ずっと幸せ!彼といいお付き合いができているときのメンタルとは