なかなか彼氏ができなくて悩んでいる女性のなかには、恋愛対象外の男性から好かれやすいなんて人もいるようです。

気になる彼だけに意識してもらうには、どうしたらいいのでしょうか?

今回は、本命の男性と付き合うために「やめるべきこと」を4つご紹介します。

本気の恋を叶えるために「やめるべきこと」4つ

1.誰にでも愛想よく接する

誰にでも愛想よく接したり、食事などの誘いを受けたりしていませんか?

彼氏が欲しいと思ったら、気になる人や本命の男性以外へのサービス精神は少しオフした方がいいでしょう。

また、自分からLINEを終わらせるのが苦手な女性も要注意です。

男性は、ある程度LINEが続く女性に対して「いけるかも?」と考えてしまいます。

本命男性以外からの連絡は、「そうなんだー、ありがとね」などと返して自分から終わらせましょう。

2.本命男性を特別視する

なかなか彼氏ができない女性にありがちなのが、本命の前では緊張して、恋愛対象外の前ではリラックスしてしまうことです。

興味のない男性といるときほど、自然な笑顔を見せてしまい、いつもより魅力的に見られることもあります。

この場合、本命男性は特別視しないように意識しましょう。

片思いはあまり思いつめない方が、好きな人と付き合えますよ。

3.みんなの前で「彼氏欲しい」と言う

「彼氏欲しい」などと、みんなの前で言っていませんか?

こんな願望を公言してしまうと、興味のない人からの誘いも断りにくくなってしまいます。

願望は本当に誘ってほしい人だけに打ち明けましょう。

4.誰からも好かれたいと思う

本命以外からアプローチがあっても、悪い気はしないもの。

しかし、それを放置してはいけません。

本命男性との恋愛を上手く進めるためには、「誰からも好かれたい」「恋愛対象外の男性には、気持ちに応えなくても好きでいてほしい」などという甘い考えは捨てましょう。

興味のない人が好意を示したら、ばっさり切る覚悟が必要です。

「私たちって友達じゃん?」くらいの発言は、ためらいなく言えるようにしておきましょう。

考えを見直して本気の恋を叶えよう

いろいろな人から好かれたいという思いは、悪いものではありません。

しかし、本気の恋に出会ったときまでその思いを持ちつづけてしまうと、恋愛はなかなか成就しないものです。

気になる彼と付き合いたいなら、不要なこだわりや習慣を捨てる覚悟も必要ですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)