男性は、なんの意識もしていなかった女性に、突然ドキッとしてしまうことがあるようです。

そこから一気に意識するようになったり、恋愛対象として見るようになったりすることは十分にあり得ることでしょう。

今回は、男性がノーマークの女性を「恋愛対象」として見た4つのキッカケをご紹介します。

ドキッ!男性がノーマークの女性を「恋愛対象」として見る4つのキッカケ

周囲から自分への好意を聞いた

「なんかあの子がお前のことカッコイイって言ってたよ」なんて話を友達から聞いたりしたら、男性はその女性のことを一気に意識し始めるようになるようです。

人づてに聞くというのは、よりリアルでドキドキ感が増すでしょうし、社交辞令ではなく、本気っぽさも強くなるので、男性はかなり心を揺さぶられるでしょう。

気になる男性が自分を全く意識してくれていないと感じた場合は、その男性の周囲の人たちにそれとなく思いを伝えてみるのもアリかもしれません。

ただ、いきなり「好き」という気持ちを伝えてしまうのはNG。

「カッコイイ」とか「オシャレ」とか「尊敬している」などと周囲の人に話すようにすると、自然と彼の耳にも入るはずですよ。

一緒に共同作業をした

ふたりで一緒になにか共同作業をすると、自然と親密な関係性になりやすいでしょう。

たとえば、仕事で協力し合う、結婚式の二次会や飲み会の幹事を一緒にする……とか。

連絡を頻繁にとったり、ふたりきりで会ったりするうちに親しい関係になるかもしれません。

なかなか共同作業をする機会が無い場合は、相談を持ちかけてみるのもオススメ。

ふたりで同じことを考えるので、共同作業と同じような効果を発揮するはずですよ。

男性は「頼られたい」と感じる傾向にあります。

共同作業をする際はぜひ頼って、そして、褒めてあげましょう。

ふと「色気」を感じた

ふと「色気」を感じた

今までなんの意識もしていなかった女性に対しても、ふと「女性らしさ」を感じるようなことがあると、男性はドキッとして異性として意識し始めるみたいです。

男性がもっとも「女性らしさ」を意識するのは、当然かもしれませんが、やはり色気を感じた瞬間なのだとか。

ただ、お色気全開のような感じの女性は軽そうにも見えがちなので、男性は恋愛対象としては考えることができないみたい。

過激な露出などではなく、あくまでもほどよい色気がある女性のことを、男性は「彼女にしたい」と思ったりするようです。

ほかの男性に嫉妬した

ほかの男性と楽しそうにしている女性の姿を見て、モヤモヤを感じたり嫉妬をしたときには、男性もその女性のことが気になるようになるみたい。

「もしかして彼女のことが好きなのかもしれない……」と、自分の気持ちに気づき始める瞬間とも言えるでしょう。

気になる男性に好意を示しつつも、それでもなかなか振り向いてくれない場合は、ちょっとほかの男性と仲良くしてみるのもひとつの手かもしれません。

ただ、変に嫉妬させようとしすぎると逆効果になるだけなので、ちょっと嫉妬心をあおってみる程度にしておくべきですよ。

自分から動こう!

気になる男性がいるのであれば、まずは恋愛対象として見てもらうことが最重要ポイントです。

やっぱり、待っているだけではなく自分からも動かないと、状況はなかなか変わらないでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)