恋のはじまりには、アピールが必要不可欠ですよね。

まず自分を知ってもらうことが、大事なポイントでしょう。

でも、なんでもかんでもアピールすればいいわけでもないよう。

なかには逆効果なアピールをしている人も……。

そこで今回は、モテる女性がしているアピールとしないアピールを、あわせてご紹介します。

なにが違うの?モテる女性がしているアピール、しないアピール

モテないアピール

普通に考えれば、「モテません」のほうが好感が持てますよね。

「私、モテます」なんて、冗談でも言えないかも。

だから「私そんなにモテませんよ~」と、普通に謙遜して言ってしまいがち。

しかし、これは男女で受け取り方が違う可能性があるので注意です。

たとえば男性が「僕はモテないよ」と言うとき「あ、自慢してないのね。空気を読んでるのね」と女性は感じ取ります。

でも女性が「私モテません」と言った場合、ほとんどの男性はその通りに受け取り「なんだ。モテないんだ」と思うのです。

言葉をそのまま受け取ってしまうタイプもいるので、男性の前では「モテない」というよりは「モテる」といったほうが良さそうです。

モテるアピール

モテませんも、モテますアピールもしません。

女性が「モテるよ」と言った場合、男性は「えっ、それはないんじゃないの」と一瞬思うかもしれません。

でも、たいていはそのあと「へー。そうなんだ」とうのみにすることが多いので、堂々ではなく「結構モテるかもしれない」とぼかして言うといいかも。

家庭的なアピール

雰囲気と合っていないとまず信じませんし、賛同しないでしょう。

つまりイケイケだった場合、「女の子らしくて家庭的」とアピールされた男性の半数くらいは信用するかもしれませんが、あと半数は「そんなことはないだろう」と思っていることも。

ですから雰囲気を合わせることが重要。

女の子らしいアピールは、落ち着きを見せてから初めて、効いてくるアピールといえそうです。

平均的であることをアピール

「モテる」と言うのは、平均的であることが重要。

つまり、独特な雰囲気や変わったものが好きな場合は、平均的ではないので敬遠される確率が高いでしょう。

それは、男性が「手に負えなそう」と思うからです。

また、男性はおおぜいの人に好かれる女性も好きなので、万人受けをねらうのも賢いでしょう。

個性は消えてしまいますが、平均的なファッションが無難です。

友達としてアピール

友達としてなら、彼の近くに自然な感じでいることができます。

いちばん実行しやすいアピールなので、ぜひ友達として彼に接近したり、多くの男性と仲良くなったりすることをオススメします。

多くの男性と仲良くしておけば、候補を選ぶとき不自然ではありません。

好みを調べてアピール

また、モテる女性は彼の好みや、好きな芸能人を聞くなどリサーチし、「私はそれに近い」とアピールしています。

やたらにアピールしているわけではないのですね。

リサーチは必須でしょう。

効果的なアピールで好印象!

アピールとはリスキーでもあります。

どうでもいい男性が近寄ってくることも多いので気をつけて。

不特定多数の前では露骨にアピールはしないで「その男性の前でだけ」にしましょう。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

●特別な美人じゃないのに…なぜかモテる「普通の子」の特徴って?