気になる男性がいてそれとなくアタックをしていたけれど、実らずフラれてしまった。

このような経験、多くの人がしているかもしれません。

ですがフラれたからと言って、綺麗さっぱり忘れることができない人もいるはず。友達として関係がつづくこともあるでしょう。

そんな彼と会うときの注意点を、今回は紹介します。

諦めきれない!フラれた男性と会うときに注意すること3つ

彼との縁を切らない

男性によっては落ち着くまでに、ある程度の年齢を要することも多いです。遊び足りない男性の場合は、その傾向が強いですね。

ですので、あなたに確信があるなら別の出会いを求めつつも、恋のチャンスをうかがうことは悪い選択ではないでしょう。

その場合彼と定期的に連絡を取って、縁を切り離さないようにしましょう。

でないと、彼はほかの女性になびいてしまう可能性があります。

彼が仕事やプライベートで悩んでいたら相談に乗る、彼が「〇〇が食べたい」と言ったらいっしょに行くなど、飲み友達でもよいので彼の近い存在でありつづけましょう。

そうした状態は、女性にとってつらいかもしれません。ですが彼が落ち着いたとき、その縁は必ず身を結ぶはずです。

自分の好意を悟らせない

相手への気持ちをムリに忘れる必要はないはず。もし相手への気持ちが諦めきれないなら、それもひとつの答えです。

その場合、彼の気持ちを探りながらも、新たな出会いを見つける手もありますね。

ただし、彼と顔を合わせるときは、自分の好意を悟らせないほうがよいでしょう。

なぜなら、相手は友達として関係を望んでいるのに、こっちは恋人としての関係を望んでいると、ちぐはぐした様子に男性も勘づくからです。

難しいですが、相手をそのまま追い求めるつもりなら、自分の気持ちは見せないほうが賢明です。

それこそ相手に女性の影が見えても、じっと我慢。友達として彼との関係を維持しながら、彼のスキをうかがいましょう。

もしかしたら、彼が再びあなたに気持ちを向けるチャンスが出てくるかもしれません。

気持ちが整理できるまで会わない

気持ちが整理できるまで会わない

たとえば仲のよい男友達がいたとして、アラサーにもなれば相手との結婚を考えることもあると思います。

ただ相手から「お前とは友達でいたい」と言われた場合、むこうはそのつもりでもこっちの気持ちは整理がつかぬまま……。

そんなときは、ムリして相手と会わなくてもよいでしょう。

気持ちが落ち着くまで、これまで通り仕事をしたり友達に会ったりして気持ちを落ち着かせては?相手もムリに会うことは強要しないでしょう。

相手と距離を置いているときに考えたいのが、自分は相手とどういう関係になりたいのかということです。

相手は友達でいたい。でも自分は相手と恋人関係になりたい。

その場合、相手と顔を合わせていたら気持ちを諦め切れず、つらい思いをしてしまいますよね。

相手もあなたの様子を察して、しばらく会うのは控えようと思うかもしれません。

焦らずよく考えて

とくに男性との結婚を考えたとき、こうした複雑な関係も起こりうるかもしれません。

結婚は人生の、一大イベント。自分はどうしたいのか、焦らずよく考えて行動できるとよいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

フラれた後の上手なふるまい方は?