デートは、男性も女性もウキウキして、お互いにとても楽しい時間ですよね。

だからこそ、その楽しい気分を壊されてしまうと、その分、ガッカリ度合いも大きくなるもの。

今回は、デート中に男性をゲンナリさせる「NG言動」を紹介します。

こんなことをしてしまうと、男性はつい帰りたくなってしまうかも……。

彼の地雷を踏まないように、注意しておきましょう。

これはイヤかも…男性がつい「帰りたくなる」デート中のNG言動4つ

1、不機嫌になる

ちょっとしたことですぐに不機嫌になる女性とは、一緒にいるだけで疲れ果ててしまいます。

楽しいはずのデートも、一瞬にして暗いムードになるので、男性はゲンナリしてしまうでしょう。

何か不満に感じることがあるのなら、それをきちんと言葉で伝えるようにして。

ムスッとして不機嫌な態度を長々と取るのは、デート自体を台無しにすることになるので、もったいないです。

気持ちを切り替えることも大切ですよ。

2、自分の希望ばかり優先する

彼を自分の買い物に連れ回したり、自分の行きたい場所ややりたいことに付き合わせたりなど、自分の欲望ばかりを満たそうとするのはNGです。

それではデートをしているというよりも、男性はただ付き添いをさせられているような気分になるだけ。

自分のやりたいことに付き合ってもらうデートももちろんアリですが、「相手の男性がどう思うのか」をちゃんと考えることが何よりも大切です。

自分が楽しむことしか頭にないと、男性は「この子といても楽しくない」と思ってしまいます。

恋人候補からも外されてしまうでしょう。

3、急な予定変更

3、急な予定変更

色々とデートの計画を立てていたのに、「やっぱり○○に行きたい」など、急に予定を変更するのも、NG言動です。

予定を変えてはいけないわけではないですが、とくにこれといった理由もなく、その日の気分でコロコロと変更されたら迷惑ですよね。

ただのわがままにも見えるので、「この子と付き合ったら大変そうだな」と感じる原因になってしまうかも。

気分が変わったときは、「○○も行ってみたいんだよね」といった「追加の提案」の形式にすれば、きっと男性もそこまで嫌な気持ちにはならないはずです。

4、頻繫にスマホを触る

デート中に女性がスマホを触ってばかりいたら、男性はショックを受けるでしょう。

「俺とのデートはつまらないのかな」と不安に感じたり、「ほかの男性とLINEをしているのかな」と疑いを抱いたりもするかも。

やはり基本的に、デート中は必要以上にスマホには触らないようにして、ふたりの時間を楽しむことに集中するべきです。

SNSにアップするために、写真の撮影や加工、投稿に夢中になりすぎるのも、何のためにデートをしているのかわからなくなるので、男性には呆れられてしまいますよ。

彼への配慮を忘れずに!

ふたりでいることが楽しいと思える関係性になれたら、そのまま自然に恋人になれるはず。

自分のことだけではなく、お互いのことを考えながらデートができれば、楽しい時間を作り出せるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

【メイク編】男性が「やりすぎ」だと感じるデートメイクって?