彼とは仲よしで毎日楽しく過ごしている。「このままずっといっしょにいるんだろうな」と思っていた矢先、突然彼から別れを告げられるなんてことがあるかも分かりません。

原因がいっさい分からずに、とまどう人もいるでしょう。いったい彼はなぜ、そのような気持ちになったのでしょうか……?

今回は「男性が彼女との別れを決意した瞬間」を紹介します。

仲よしだったのに…?男性が彼女との別れを決意した瞬間4つ

ドキドキしなくなったから

「付き合い始めの頃は、デートのときにひらひらのワンピースや、タイトスカートなんかを履いてオシャレしてきてくれてたのに、最近はTシャツにジーンズ一辺倒で工夫がない。もっとドキドキさせてほしい!正直別れも考えてます……」(26歳男性/営業)

心を許せたり気を遣わずにいられる関係も大切ですが、デートのときはかわいくオシャレをすると自分も相手も気分が上がるもの。

外見がすべてではないけれど、彼のためにかわいくしようとする気持ちが男性は嬉しいのかもしれません。

ATMにされていたから

「年下のかわいい彼女ができて舞い上がっていました。食事はもちろん全部俺のおごり。プレゼントもどんどん高額なものを請求されるようになって。ある日『あ、俺ATMだな』って気づいて目が覚めました」(32歳男性/営業)

彼が年上でも、お金を要求しすぎるのは要注意。時には自分がおごってみたり、プレゼントを奮発してあげたりすると喜ばれるかもしれません。

また、お礼は毎回しっかり伝えるなど、ATM扱いなんて絶対にしていないことを分かってもらうように心がけるとよいでしょう。

彼女が「世話焼き」すぎたから

彼女が「世話焼き」すぎたから

「姉後肌で面倒見がいいところに惹かれて付き合っていた年上の彼女。朝『遅刻しちゃうよ!』と電話がかかってきたり、飲み会の途中で『飲み過ぎは明日に響くからね』とラインがきたり、オカンかよ!と段々めんどくさくなってきちゃって別れました」(25歳男性/公務員)

年下彼氏ってかわいくて、ついついお世話を焼きすぎてしまいがちなんですよね。

でも相手は大人の男性なので、世話焼きオカンと思われてしまうほどのお世話はほどほどにしておきましょう。

食事の趣味が合わなかったから

「おうちデートで手料理をふるまってくれた彼女。家庭的でいいなって思ったんだけど……あれ?味噌汁にウインナー?カレーに酢?みたいに、自分と食事の趣味が全然合ってなかったんですよ。彼女との将来が見えなくなって別れました」(30歳男性/学校事務)

食事の趣味が合わないとなると、結婚生活での幸せな食卓風景も思い描けないでしょう。

女性が結婚生活での料理をすべてしなければいけないわけではないはず。ですができるだけ彼女の手料理を食べたいと考える男性は、多いのかもしれません。

彼の大切にしているものを見極めて

性格や手料理、お金がらみの話など、彼が別れを決意する原因はさまざま。

彼の考え方や大切にしている部分を見極めて、長く楽しいお付き合いができると素敵ですね。

(愛カツ編集部)