恋人関係になった途端に、急に冷たい態度を取るようになる男性は、意外と多いみたいです。

付き合ってしまう前にきちんと見抜いておかないと、お付き合いをしても、悲しい思いをすることになるでしょう。

今回は、付き合うと冷たくなる「ダメ男」の共通点を4つご紹介します。

苦労するかも!付き合うと冷たくなる「ダメ男」の共通点4つ

肉食系で猛烈なアタックをしてくる

付き合う前のアタックが激しい男性は、そこに全力を使い果たしてしまう可能性もあるみたい。

ずっとその熱量を続けていくのは難しいようで、付き合ったあとに冷たくなったかのように感じてしまう女性も多いのでしょう。

重要なポイントとしては、いろいろなことに対して「熱しやすく冷めやすいタイプ」の男性なのかどうかを見抜いておくことかもしれません。

仕事でも趣味でも遊びでも、最初は激しく燃え上がるけど、すぐに飽きてしまうような男性だと、恋愛においても気持ちが薄れていくのが早い傾向があるでしょう。

女性が言われたいことを網羅している

「好きだよ」「愛してる」「こんなに可愛い女性には会ったことがない」などといった甘い言葉を簡単に口にできる男性にはかなり注意が必要かもしれません。

出会ってまだ間もないのにそんなことを言ってくる男性は、きっとほかの女性たちにも同じようなことを言っている「口先だけの男性」の可能性が高いです。

また、「一生必ず大事にする」とか「君以外にはなにもいらない」なんて、大げさな発言をしてくる男性も同様でしょう。

そんなに深い関係性でもないのに、気安く「結婚」などの重い言葉を口にするのは、「とりあえず落とせればいい」と考えているだけみたい。

言葉とふたりの関係性が釣り合っているかどうかを見極めることは重要でしょう。

「モテる」ことを自覚している

「モテる」ことを自覚している

「自分は女性にモテる男性である」ことを自覚している男性は、かなり厄介な男性ともいえるはず。

変に自信を持っているからこそ、女性を口説き落とせたあとに、その自信が暴走することもあるみたい。

「彼女は俺にゾッコンだから」とか「女性はほかにいくらでもいる」などといった考えになったりもするようで、彼女を大切にする気持ちは薄れていきやすいかもしれません。

モテるという自信が強かったり、女性を少し見下していたりする男性は、やはり彼氏にするべき男性ではないでしょう。

なによりも自分を最優先にする

どんなときでも常にに自分のことを最優先にする男性は、自己中心的な人でしょうし、自分のことが大好きな人といえるはず。

そういった男性は、彼女がいても、自分のことを一番大事にするでしょう。

そもそも自分のことが大好きな男性はナルシスト的な面も強いようで、女性を口説き落とすことに夢中になり、口説ける自分に対して酔っている傾向もあるみたい。

だからこそ、口説き落とせた時点で満足してしまう可能性も高いみたい。

ちゃんとあなたのことを優先してくれる男性かどうかを、しっかりとチェックしましょう。

後悔しないように気をつけて!

「釣った魚にエサをやらない」ような男性と付き合ってしまうと、後悔をする結果になる可能性が高いかもしれません。

恋人になってからもちゃんと大事にしてくれるような男性かどうかは、言動である程度は見極められるはず。

お付き合いをする前に、最もチェックしておくべきポイントといえるでしょう。 

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)