食事のお会計に関して、女性におごるのか、割り勘にするのかで、男性の価値観が見えてきます。

女性に対するその人のスタンスがわかるんですね。

そこで今回は、デートに関する会計事情を男性に聞いてみました。

デートは割り勘orおごり?男性に本音を聞いてみた

割り勘男性

「最初におごると、以後も全部おごらないとならない気がする。最初から平等であるべき」(30歳男性/営業)

「男女平等が当たり前って言われてるから、お会計も一緒じゃないとおかしい」(27歳男性/公務員)

食事代を割り勘して女性にもお金を出させる男性は、基本的に性別による不公平さを嫌います。

「女だからおごってもらって当然、という態度が気に食わない」のだとか。

おごる男性が持つ、カッコつけたいという考えは皆無で、モテたい意識も希薄でしょう。

ただ、割り勘する男性は女性慣れしておらず、恋愛経験が豊富ともいえないようです。

おごることとモテが繋がっていないために、女性の食事代を出せば恋の可能性も広がると考えられないよう。

あるいは、容姿に自信がないとか、恋愛に対する興味が薄いなどの理由から、「女性に食事をおごることになんの意味も見いだせない」と考えていたり、「飲み代をおごったからといってモテるわけじゃない」と諦めていたりする場合もあります。

そして、1対1でのデートでも食事代をきっちり分ける人は、そもそも「割り勘主義」で、かなりシビアな金銭感覚の持ち主だといえます。

恋愛とお金はまったく別次元に考えているはず。

しっかり者なので、旦那さんにするなら良いでしょうが、恋人としてお付き合いする間は気分が萎えることもあるかもしれません。

おごる男性

「やっぱり、女性に払わせるって情けないよね。自分のプライドもあるし」(28歳男性/経理)

「お財布的には厳しいけれど、やっぱりいい印象を相手に与えたいというのはある」(29歳男性/コンサル)

あるカード会社が合コンに行く男性に対して取ったアンケートでは、全体の6割以上が「女性に対しておごる」と答えたそうです。

その理由は、女性たちに良い印象を持たれたい、ガッカリされたくない、おごることでイメージが良くなるから……など。

おごる男性が女性たちの分までお会計をするのは、カッコつけるためのようです。

また、このような男性はフェミニストが多く、恋愛経験も豊富であるというデータもあります。

食事代を出すことで女性に良い印象を与えて、恋の可能性も高まるという流れを熟知しているのでしょう。

食事をおごることで、「隙あらば……」と考える人もいるかもしれません。

結論としては……おごる男性は割り勘する男性に比べて、肉食系で積極的。

恋に対しても能動的な傾向を持つ、という感じ。

女性からすればありがたいですし、スマートなイメージもありますけど、女慣れしている分、おごるタイプの彼氏を持つと浮気に悩まされる可能性もありますね。

会計時に人となりがわかる

おごる男性にも、割り勘する男性にも、それなりの考えがあって、それぞれに良い点と不安な点があります。

どっちが良いというわけでもないですよね。

いいなと感じる男性がいたら、まず一緒に食事へ行ってみては?

お会計時にどんな行動を取るかで、なにかしら判断できることがきっとあるはずです。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

●食事デートで男性をキュンとさせる「お会計時のふるまい」とは?