気になっている人とのLINEは、ドキドキしてうれしいものです。しかし相手の気持ちが分からずに、やきもきする人も多いでしょう。

そんなときは、LINEのある部分をチェックしてみて。彼から好意を寄せてもらえているのかどうなのか、分かるかもしれません。

今回は「LINEで『脈あり・脈なし』を見抜くポイント」を紹介します。

決定版!男性からのLINEで「脈あり・脈なし」を見抜くポイント

LINEのあと、通話したがる

「寂しい」「暇」などの理由で、女性にLINEするタイプの男性もいます。

そんなときに好意のある女性を相手にすると、「いま時間があるなら通話しない?」と声のコミュニケーションに切り替える場合も。

普段の回数は少なくても「誘いたい、声を聴きたいなど目的がある」「時間をガッチリ使う通話」などが、LINEに見る男性の脈ありサインです。

会いたがる

「初デートのときはすごく盛り上がったのに、お礼のLINEには『また今度ね』と、冷たかった彼。他愛ないLINEなんて全然来ないし『失敗しちゃったな』と思っていました。

でも翌週に『明日ヒマ?飲みに行かない?』と連絡が来て、また楽しく過ごして、普段はLINEがなくて……というのを数回繰り返したころ、告白されました。

『LINEより会って話そう』というのが彼の言い分。それでケンカになることもあるけど、仲よくすごしてます」(29歳女性/総務)

「僕は休みが不定期で忙しいので、会社員の女性とはなかなか前もって約束することができないんです。別に普段も、LINEで他愛もない話をしてもいいんだけど、それだけだと女性って『この人、何がしたいの?』って思うでしょ?

女性となれ合うくせに誘う勇気もない男だと思われるのはイヤです(笑)だから、週末に時間が空くとなれば、真っ先に気になる子の予定を押さえますね。あと、コミュニケーションが取りたいときは通話します」(24歳男性/営業)

一見そっけないのにじつはかなりの脈ありなLINE……。その特徴は「デートのお誘いのために来る」こと。

実のない会話をLINEでつづけたがる男性は、そう多くありません。

大事な話は会ってしよう!LINEはそのためのお誘いツール、と割り切って考えていることも多いです。

気軽にLINEが来るだけなら、脈なし

気軽にLINEが来るだけなら、脈なし

「好きな子には『何送ろう』って迷ってしまって気軽に送れないんだけど、とくに恋愛感情のない女友達には気軽に送れる。あとある程度こっちに好意があって、冷たくしてこないって分かってる子にも……。男もかまってほしいときがありますので」(26歳男性/営業)

「好きな人から毎日LINEが来るから喜んでたんだけど、デートの話は全然でなくて。自分から観たい映画の話やご飯の話を振ってみたけど『イイねー』だけでスルー。なんだかなあと思ってたら、彼女ができてました」(25歳女性/総務)

連絡の頻度が恋愛感情と比例することは多いのですが、内容の薄いやり取りを重ねても、「脈あり」には結びつかないようです。

もちろん彼から全然LINEが来ないより、来るほうがよいには違いないです。

ですがデートのアポやお互いの時間をがっつり使う通話などのイベントにつながらないなら、「LINEがたくさん来るから脈あり」とは言えません。

親しみを感じてくれているのは間違いないですが、「お友達枠」にハマらないよう、注意が必要です。

彼が「会いたがって」いたら…

こまめにたくさんLINEが来ると、彼とつながっている気がしますよね。

女性は安心するし、それだけに「脈ありかな」と感じるかもしれません。

でもたくさんLINEが来ても、話がデートのほうに向かない場合は、油断は禁物です。

男性の一番はっきりした脈ありサインは「会いたがる」こと。ただの暇つぶしでぬか喜びしないよう、注意が必要です。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)