彼が「好き」という気持ちを言葉で表してくれると、嬉しいですよね。

あまり言ってくれないと、少し寂しさを感じてしまいます。

今回は、男性の意見を交えながら、彼に「好き」と言ってもらう方法について考えてみました。

私のこと好き?はNGです…彼に「好き」と言わせる方法

「私のこと好き?」と質問しない

「彼女が、自信がないのか、よく『わたしのことどう思ってる?』とか『ちゃんと好きでいてくれてる?』と聞いてくるんですよ。

ちょっと重いというか……求められているのは伝わるんですけど、プレッシャーにもなるんで」(30代男性/航空関係)

好きと言ってほしいと思うと、つい聞いてしまいがちな質問です。

しかし、男性の心の中では言おうと思っていても、プレッシャーが大きすぎて逆に言えなくなってしまうこともあるようです。

彼がシャイな性格なら、じっと待つことも必要でしょう。

過度に愛の言葉を要求するような発言は控えた方が、結果的に愛をたくさん伝えてきてくれそうです。

自分から「好き」と言わない

「いつも俺のことを好き好き言ってくる彼女。正直ウザいな~と思ったこともありました。でも、フタをあけてみたらそれが嬉しかったんでしょうね。

それが無くなったらなんか味気なくなっちゃって。なんで俺のこと好きって言ってくれなくなったのか気になりました」(20代男性/専門職)

失ってから始めて気づくこともあります。

いつも「好き」と言ってくれていた彼女から言われなくなってしまうと、寂しくなったり、嫌われたと感じたりしてしまうようです。

愛の言葉が無いことによる寂しさを、身をもって知ってもらうには、最適な方法なのではないでしょうか。

趣味や好きなものに対して「好き」と言う

趣味や好きなものに対して「好き」と言う

「テレビとかにはこれ好き!っていうくせに、俺には好きっていってくれなくなったなぁ……と思って、彼女に好きっていうようになりました。」(30代男性/販売)

彼に「好き」と言わなくても、好きな番組や芸能人、食べ物などに関しては積極的に「好き」という言葉を発していきましょう。

そうすることで「好き」という言葉を、彼に意識させるのです。

しかし、友達や知り合いに対して言ってしまうと、ケンカや嫉妬の原因になるので注意してください。

言葉を要求しないのがベスト

「好き」と言ってほしいあまり、いろいろな言動を繰り返してしまうと、重い女と思われてしまう可能性もあります。

愛の言葉が欲しいと感じたら、気持ちをストレートに伝えるよりも少し工夫した方がいいでしょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)