重たい女

気になってる彼に振り向いてほしくて自分磨きに力を入れている女性の皆さん!

自分磨きももちろん大切ですが、彼への接し方を間違っていませんか?

せっかく外見は魅力的になっても、彼にうざがられるような絡み方をしていたらもったいないですよね。

そこで今回は、男性に「うざい」と思われるアプローチをご紹介します。

逆効果かも!男性に「うざい」と思われるアプローチ

嫉妬させようとする

彼に意識してもらおうと自分がモテるアピールをしてみたり、構ってくれないとほかの人のところにいってしまうような雰囲気を出したりするのは彼にドン引きされているかも。

この技が通用するのは「お互いが意識し始めてから」なんです!

彼がまだ自分の存在をそこまで認識していないのにこの技を使ってしまうと、彼からは「なんのアピール?」と冷めた目で見られてしまう可能性大。

またあなたが自分を好きだと彼が気付いてしまっている場合、嫉妬させようとするような行動は「理解しがたく、自分への好意は見ないフリしておこう」としてしまうなんてことになりかねません。

このように相手を嫉妬させて振り向かせようとするのは大変リスクが高いですから彼の気を引く行動としてあまり良いものとは言えないでしょう。

余計なおせっかいを焼く

彼のことが好きだからつい身の回りのことや困りごとの解決をしたくなってしまう。

一見すると健気な行動に見えますが、あくまでもそれは彼女だったらの話。

彼女でもない女性からあれこれ自分の身の回りのことをされると、男性は「余計なお世話だよ」と女性を遠ざける傾向にあるのです。

そのような「要らぬ気遣い」を男性たちは望んでいません。

そこで彼から距離を置かれて「私がこんなにしてあげたのに……」なんて思うのもお門違い!

もしなにか手助けしたいのであれば一言聞いてからするのがお約束です。

LINEがしつこい

LINEがしつこい

彼と少しでも繫がっていたい!そんな気持ちからたくさんLINEを送っていませんか?

LINEの良いところはメールのように文章を一度に入力しなくても、一言ずつ返信ができるところ。

しかしそんな連絡が頻繁にくると彼も「何個も分けて送ってこないで」と疲れてしまいます。

会話でもそうですが、相手とのラリーがどんな状況で進んでいるのかをしっかりと把握するのが重要です。

相手の返信が不定期ならば、なるべく要件も簡潔に済ませるのがベスト。

自分の気持ちばかりを押し付けてしまうのでは相手の重荷になってしまいかねません。

彼と良い関係になれるように

良かれと思ってやったことも、相手から必ずしも感謝されるとは限りません。

また好きな気持ちが前に出すぎてしまうと彼に気持ちがバレバレで距離を置かれてしまうなんてことも……。

一歩間違えばうざがられてしまう行動をしてしまわないようにこの記事を参考にして、気になる彼と良い雰囲気になれますように!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)