本当に好きな相手なら、嘘なんてつかず本当のことだけを伝えてくれると思っていませんか?

でも男性はプライドが邪魔をして、本命だからこそ見栄を張ったり嘘をついてしまったりすることもあるようです。

そこで今回は、男性がつい「見栄をはってついてしまう嘘」をご紹介します。

好きな人にだけ!男性がつい「見栄をはってついてしまう嘘」とは

過去の遊んでいた経験

「大学生の頃は結構浮気とかして彼女を泣かせたこともあったんですよ。でも本当に好きな人ができてから、本当に申し訳ないことをしたなって気づいて。

だから今の彼女には絶対に過去の浮気の件とかは言えないですね。彼女から『浮気とかしたことある?』って聞かれても『あるわけないじゃん』って答えましたし」(30歳/IT)

男性は浮気するのがかっこいいとか、勘違いして遊びの女性をつくったりしがちです。

ですが、本当に「この人は絶対に手放したくない」という女性を見つけるとパタリと止まるもの。

本命だからこそ「遊びで付き合った人もいる」なんて口がさけても言えないんでしょうね。

交際人数

「正直に言うと、僕は今までの交際人数がそんなに多い方じゃないんです。でも今付き合っている彼女がかなり経験豊富っぽくて。彼女から付き合いたての時期に『今まで何人ぐらいと付き合ったの?』って聞かれたんです。

そのときに見栄を張って『数えたことはないけど2桁かな』とか言っちゃいました。驚いた顔してたけど彼女も『じゃあ、同じくらいかもね』っていうから嘘だって言えなかった……」(29歳/教育)

恋愛経験や交際人数については、あまり過去のことを聞かない方が良いとも言いますよね。

でもやっぱり好奇心から聞いてしまうことも。

そんなとき、彼女と張り合うように嘘をついてしまう男性もいるのかもしれません。

自分の弱みを隠す

「俺の場合は、とくに本命の相手に対しては自分の弱点とかは見せられなくなっちゃうね。適当に遊びで付き合っている相手とかの方が、弱点を見せて甘えたりできるかも。

本命相手にすると嫌われそうで怖いし、やっぱりその相手の前ではカッコつけてたいって思うのが男でしょ」(31歳/金融)

本命だからこそ甘えた姿や弱い姿を見せてくれるという男性もいるでしょうが、逆に本命にだけは甘えられないというやっかいな男性もいるようです。

格好つけたいという男性の気持ちも理解し、相手を立てられる女性が大事にされるでしょう。

本命の前ではかっこつけたくなるのかも

本気なら嘘なんてつかないで欲しいと願うのが女心ですが、実際には「相手が本命だからこその嘘」というももの数多く存在します。

嘘だと気づいても怒ったりせず、相手の男性の気持ちを察して黙ってあげられた方が恋愛は上手くいきそうですね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)