気になっている人や恋人とのデートは心うきうき、楽しい時間を過ごせるものです。

そんなデート中の男性って、じつは女性に「してもらいたいなあ」と考えていることがあるんだとか。

彼はどんなことを思っているのでしょう。今回は「男性がデート中に、女性からしてもらいたいこと」を紹介します。

男性がデート中に、女性からしてもらいたいこと3つ

さりげなく頼られたい

「仕事終わりにデートしたとき、いつもより疲れてる様子だった彼女が荷物を持ってほしいって頼んできたんです。甘えた感じで言われたら、つい嬉しくなってすぐに持ってあげました。なんか頼られている感じがして嬉しかったです」(29歳男性/法務)

男性は、女性から頼られると嬉しく思うもの。なにかお願いするときは、男性に甘えるように口調を柔らかくしてお願いしましょう。

ちょっぴり疲れた様子を見せるのも、男性を上手に頼るコツです。

お願いする言葉といっしょに男性の肩に寄りかかったり腕を優しくつかんだりすると、よりかわいさをアピールできます。

いつもいつも頼ってばかりだと、男性が疲れてしまう場合もあるので、頼る頻度には要注意です。

ちょっとしたプレゼントが欲しい

「買い物デートを楽しんだあとカフェでくつろいでいたら、彼女から突然のプレゼントをもらいました。早速開けてみると、さっき寄った雑貨屋さんで気になってたグラスでした。俺のことよく分かってくれてるなって、めっちゃ嬉しかったです」(33歳男性/営業)

記念日でも何でもない日の突然のプレゼントは、サプライズ感満載でしょう。

彼が欲しがっていた雑貨や小物などデート中にこっそりチェックしておいて、さりげなくプレゼントする気遣いは、愛される女性になるための必殺技とも言えます。

デート中のプレゼントは高価なものでなくても、気持ちが伝わるものであれば大丈夫。

手作りのお菓子を用意して、デート中にプレゼントするのもおすすめです。

「好き」と言われたい

「好き」と言われたい

「デート中には一回でいいからやっぱり好きって言われたいですね。普段から何度も言われていると慣れちゃうから、直接会うデートのときくらいは直接彼女の顔を見て、気持ちが聞きたいです。好きって言われると安心します」(30歳男性/車輛整備士)

気持ちを相手に伝えることは、大切なこと。お互いの気持ちを知ることで、より関係が深くなる場合もあります。

メールや電話ではなく直接会って言うことで、より男性に気持ちが伝わるのでしょう。

デートの終盤で気持ちを伝えれば「またすぐに会いたい!」と男性が思ってくれるかもしれません。

ちょっとした気遣いでOK

ちょっとした気遣いや言葉で、男性は喜んでくれるもの。

男性への思いやりを忘れずにデートを楽しめば、きっと男性にもその気持ちが伝わるはずです。

いつものデートをもっと盛り上げるために、男性が本当はしてもらいたいと思っていることを実践してみてくださいね。

(愛カツ編集部)

●よそ見しないで?男性の「独占欲」が高まる瞬間