いくら付き合っている間柄であっても「彼は本当に私のことが好きなのかな……」と不安になることはありませんか?

でもそれは言葉にしないだけで、彼はきちんとあなたのことを思ってくれているはずです。

そこで今回は彼の見せる小さな「愛情」についてご紹介します。

愛情サインをキャッチして!彼が「好きな恋人だからする行動」3つ

返信は遅くても、連絡が来る

「彼女からは『返信が遅い!本当に私のこと好きなの?』と責められますが、仕事が忙しすぎてそんなに連絡していられないんです……。むしろ彼女のことが好きだから、遅くなっても必ず返信するようにしています」(33歳男性/営業)

「彼からの返信が遅い」「すぐに既読が付かない」と嘆いている女性も多いですが、男性からの返信が遅いのは「あるある」なこと。

本当に興味がない女性であれば、一切返信しない人も多いのです。

つまり遅くなっても連絡が返ってくる時点で、あなたのことを彼女として大切に思っているはず。

彼の立場になって状況を考えてみると、意外と愛されていることに気が付けるかもしれません。

些細な話もちゃんと聞いてくれる

「仕事の悩みって、正直聞くのは面倒です。
でも彼女が悩んでいるんだと思うと、自分にできることをやってあげたくなります」(24歳男性/商社)

「優しい元カレは、私の愚痴を聞いてくれるタイプでした。
でもあるとき私が『話を聞いてくれるだけじゃ意味ないんだよ!』『どうしたらいいか一緒に考えて!』と怒ってしまって……。

それ以来、彼から『俺なんか頼りにならないんでしょ』と言われてしまい、関係がギクシャクして。
彼なりに私のことを考えてくれていたんだなと再確認しました」(23歳女性/一般事務)

たしかに話を聞いてもらうだけでは、解決策にはならないかもしれません。

でもそれをわかっていながらも、あなたと向き合ってくれているのは愛情がある証拠。

求めすぎるのではなく、いま彼がしてくれることに感謝しましょう。

彼女を気遣って、あえて「しない」

「今夜は誘いたいな……と思っていても、彼女が乗り気じゃなさそうだったら誘いません。
やっぱり好きだからこそ、彼女の気持ちを尊重したいと思います」(29歳男性/IT)

人はつい「相手がしてくれたこと」を評価しがち。

たとえば「誕生日に欲しいものを買ってくれた」とか「行きたいところに連れて行ってくれた」など……。

しかしあえて「しない」という優しさもあります。

たとえば彼女が落ち込んでいるからその話題に触れないようにするなど、気を遣ってくれている場面も多々あるのです。

そういう些細な部分に目を向けてみると、彼の優しさが見えてくるかもしれませんね。

彼からの愛情サインをキャッチして

「愛されていない」というのは思い込みの場合が多く、実は彼のやさしさはいろんなところに散りばめられているのかも。

彼の言動を思い出して、自分は本当に大切にされていないのか、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)