いわゆる草食系の、奥手な男性を好きになったことはありますか?

人当たりもよく穏やかなタイプが多い草食系の男性ですが、彼のアピールには気づきにくいことも。

積極的なアプローチをあまりしてこない草食系なので、「ただの友達かな」と思いがちですが、じつは密かに「好きサイン」を送っているようです。

気づいて欲しい!「草食系の男性」の好きサイン3つ

じっくり話を聞いてあげる

「女性の長話は苦手だけど、好きな子の話はずっと聞いていられる。ニコニコして一生懸命聞くだけかもしれないけど、好きじゃないとできないと思う」(21歳/学生)

「好きな子のなにか力になれるかも、なりたい、という思いが話を聞くっていう行為だから」(30歳/医療関係)

自分を主張することが少ない草食系男子なので、女性から相談を受けることは多いそう。

安心して長時間話してしまいますが、元来男性は話を聞くのが苦手なもの。

じっくり聞いてくれているのは好意の表れでもあるようです。

食事に誘うのは好きなサイン

こちらは比較的分かりやすい「食事に誘う」。

「誰とでも仲良くできて男女とも友達は多いから食事に誘われる機会は多いです。でも女性で自分から誘う相手は好きな相手だけ」(26歳/SE)

「食事ぐらい友達とも行く、と思われるかもしれないけど、誘うのってかなり勇気出してるから気づいてほしい!」(28歳/営業)

誘う、というのは草食系の男性にとってかなり大きなハードルを乗り越えての行動のようです。

彼が草食系の場合、食事に誘われたら脈ありの可能性が高そう!

誘った後思わず照れ隠しで「○○ちゃんも声かけようか、と口走ってしまうこともある」という声もありました。

そこで「そうだね!」と返されるとがっかりするのだとか……。

わかりにくいです!

一緒に過ごす時間が長い

最後に、分かりにくさマックスですが「一緒にいるってことは好きってこと!」という意見です。

「好きな相手じゃなきゃ一緒にいない!隣にいる時点で気づいてほしい」(23歳/運輸)

「好きな人とは少しでも長く一緒にいたいので、なるべく一緒にいる時間を作ります。でも2人は無理なので、みんなと、という形ですが……」(26歳/金融)

みんなといてもさりげなく近くに行くとか、好きな子がいれば顔を出すとか、それが好きアピールの最大限という草食系男子もいます。

2人きりならともかく、これは気づきにくいかもしれません。

本人は「近くにいられるだけで……」という心境なのかも?

彼のアピールに気づいてあげて

交友関係の広い女性であればあるほど、ごく普通の友達付き合いであり得るシチュエーションの数々。

しかし、奥手な彼にとっては一生懸命のアピールである場合もあるみたいです。

草食系の男性と恋愛関係に発展しようと思っている場合、こちらが少し彼の気持ちを忖度してあげる必要があるかもしれませんね。

(くりこ/ライター)

(愛カツ編集部)