気になっている男性と仲良くなることができても、そこから先に進展できなければ意味がありませんよね。

親しい友達になるのではなく、異性として見てもらえるような接し方を心がけることが大切です。

そこで今回は、「恋愛対象として見てもらえない原因」をご紹介します。

なかなかうまくいかない原因は、もしかしてこれかもしれません……!

ぜひチェックしてくださいね。

原因はこれかも…男性から「恋愛対象」として見てもらえない原因4つ

1、男友達と一緒のノリ

友達としては最高の相手だけど、異性としては見てもらえない女性の特徴の典型とも言えるのが、ノリが男友達と同じであること。

楽しくてなんでも言い合えるような仲にはなれますが、文字通り「男友達」として認識されてしまうのです。

とくに、ちょっと下品な言動や下ネタなども、平気でバンバン言い合える女性のことは、「彼女にしたい」という思いにはなりにくいもの。

気になる男性と親密になるためとはいえ、最低限の恥じらいまでも捨ててしまうと、男性をドキッとさせることはできなくなります。

過激なトークなど、いき過ぎないように十分に注意してくださいね。

2、だらしなさを感じる言動

いくら好みのルックスであっても、どこかだらしない感じがする女性のことは、男性は恋愛対象としては意識しにくいもの。

清潔感に欠けていたり、がさつで乱暴なところがあったりすると、そもそも異性として見ることができないのです。

身だしなみに気を使っていない、身の回りの整理整頓ができない、言葉づかいが汚い、下品な言動を平気でする。

こういった行動は「だらしなさ」に直結するものなので、気になる男性の前ではなるべく取らないように気をつけましょう。

3、「友達」としての期間が長すぎる

「友達」としての期間が長すぎる

仲の良い友達としての期間が長い女性のことは、もう友達以上の存在としては見ることができないかもしれません。

「友達」という認識が完全にできあがっているので、異性として意識するという考えがなくなっているのでしょう。

また、大事な友達だと感じていたら、その関係性を壊してはいけないという思いが働くものです。

気になる男性と距離を縮めるのは大事なことですが、なるべく仲良くなりすぎてしまう前にアプローチはしておいたほうがいいでしょう。

4、「異性として意識されていない」と感じる言動

自分のことを「男」として見てくれていない女性のことは、男性も「女」としては見にくいものです。

仮に、最初は異性として意識していたとしても、彼が「この子は、自分のことを恋愛対象としていない」と感じたら、その好意も薄れていくものです。

男性はなかなか女心を察することができないので、異性として見ていることや好意を持っていることは、わかりやすく伝えないと気づいてもらえないはず。

普段は男友達のように接していても、2人きりになったら少し甘えてみたり、特別な存在であることを伝えてみたりといった工夫が必要です。

ときには男心を揺さぶってみると、男性もあなたを特別視してくれるようになりますよ。

ほどよい距離感でアピールしよう

男女の関係は、あまりにも近づきすぎると恋人ではなく「親友」になってしまう場合があります。

ほどよい距離感を保ちつつ、ちゃんと好意を示していくことが、異性を意識してもらうためには重要な要素だと言えるでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

【実際の意見】男性から見て「恋愛対象外」な女性の特徴