気になる男性とは、なんとかして「恋人関係になりたい」と誰だって思うことでしょう。

そのためには、まずは恋愛対象として意識してもらうことから始めないといけません。

そこで今回は、気になる男性から恋愛対象として見てもらうための、とっておきのコツをご紹介します。

これで彼と付き合えるかも!気になる男性の「恋愛対象」になるコツ

彼の好みを知る

気になっている男性から恋愛対象として見てもらうために、まずはリサーチをすることが大切。

その男性がどういった女性を恋愛対象として意識するのか、好みのタイプなどをそれとなく探ってみるといいでしょう。

それらを理解したうえで、少しでも彼の好みに近づくことができれば、男性があなたのことを意識する確率も高くなっていくはず。

ただ、細かく探りすぎたり、しつこく調べまくったりするのは、鬱陶しさと恐怖感を与えてしまうので注意しましょう。

必要最低限のことだけリサーチする程度でOKです。

2人きりでいる時間を増やす

男性は女性と2人きりでいるとき、やはり本能的に異性として意識しやすくなるものです。

あえて言葉にはしないだけで、2人きりでいるという行動内容は「デート」に近いので、内心は多少ドキドキもしているかも。

2人で過ごすことが多くなれば、そういった思いはより強まり、自然と恋愛対象として見てくれるようになるでしょう。

一緒に帰ったり、相談を持ちかけたり……短い時間でもいいので、まずは気になる男性と2人きりになる機会を少しでも増やす努力をしてみてください!

さりげなく好意をアピールする

さりげなく好意をアピールする

自分への好意を感じる女性のことは、男性のなかでも次第に気になる存在になっていくもの。

「もしかして脈アリなのかな?」と思うことが多くあったら、ドキドキ度合いも大きくなるはずです。

だからこそ、気になる男性に対しては「脈アリ感」をさりげなくアピールしていくことがとても大事。

「一緒にいると楽しい」とか「そういうところが好き」などと言ってみたり、会う回数や連絡する回数を増やしてみたりするのは、好意が伝わりやすいので効果的です。

彼のことを異性として扱う

自分のことを恋愛対象として見てくれていない女性のことは、男性もなかなか恋愛対象として見ることができません。

男性としてではなく「男友達」として扱われたら、恋愛に踏み込みにくくなり、結局そのまま友達関係を続けていくだけかも。

「私たち友達だもんね」などの発言も、ひかえたほういいでしょう。

親友のようになってしまうと、距離は縮まっても、恋心は芽生えづらくなってしまいますよ。

気になる男性と仲良くなりたいという気持ちはわかりますが、ある程度の「距離感」を保っておくことは重要です。

まずは態度で示して!

気になる男性から恋愛対象として見てもらうためには、あなたもその男性を異性として扱うことが大切です。

あなたからの好意を感じたら、男性もあなたの存在が気になり出すものですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)