せっかく付き合うなら、好きな俳優似の男性や推しのアイドルに似ている人を「彼氏にしたい」と思うことありませんか?

いわゆるイケメン男性と呼ばれる人と付き合いたいという憧れを、一度は持つものではないでしょうか。

でも、イケメン男性たちの彼女になるためには、いつもとは違うアプローチが必要なのです。

そこで今回は、イケメン男性たちの声を集めましたので、彼らが選ぶ「彼女にしたい女性」の特徴についてご紹介していきたいと思います!

イケメンが選ぶ「彼女にしたい女性」の条件とは?

1.特別扱いはしない

「中・高は『イケメン!』と周りからチヤホヤされまくってきた。でもそんな環境のなかでも、付き合う彼女は俺を特別扱いしない子を選んでたかな」(28歳男性/営業)

カッコいいからといって特別扱いしてくる女性は、裏を返せばほんの些細なことで離れてしまう危険性があります。

イケメン男性もそのことをわかっているからこそ、チヤホヤしてくる彼女たちのことを「信用できない」と思ってしまうのかも。

そういったことから、誰にでも平等な女性のほうが、対等な関係を築けると考えているのかもしれません。

2.内面の良さが見える

「昔からまわりに『カッコいいね』と言われてきたけど、それは親のおかげなだけ。自分の力ではないんですよね。

いつも『○○君はすごいね~!』と言われている奴の方が羨ましかったです」(30歳男性/自動車関係)

「ルックスがイマイチな男性ほど、出世すると美女を連れて歩きたがる傾向にある気がする。イケメン男性のほうが、意外と冷静に女性の内面を見ていますよね」(27歳女性/看護師)

イケメン男性はカッコいいからこそ、外見にコンプレックスを抱いている場合があります。

「いつも褒められるのは見た目だけ」と、自信喪失していることが少なくないのです。

もちろん羨ましい悩みではあるのですが、彼らのなかには長年悩んでいるといった場合も。

そのためイケメン男性は外見よりも、女性の内面を重視するようです。

彼らを振り向かせたいのであれば、無理に着飾る必要はないのかもしれません。

最低限のおしゃれをしつつ、自分が誇れるライフスタイルを確立するようにしましょう。

3.カッコ悪い自分も受け入れてくれる

「見た目とは違って、わりと落ち込みやすいタイプ。なので少し弱音を吐くだけで『せっかくイケメンに生まれてきたのにそんなこと言わないでよ~(笑)』と、意味のわからない励ましをされてきました。

でもいまの彼女は俺のカッコ悪いところもきちんと受け止めてくれます。こういう女性と出会えてよかったって心から思いますね」(30歳男性/自動車販売)

男性は自分の弱さをさらけ出すのが苦手な生き物。ましてや幼少期から「カッコいい」が当たり前だった男性からすると、異性に弱さを見せるのは余計ハードルが高いのかもしれません。

そんなときに自分のカッコ悪さを受け止めてくれる女性が現れたら、「この子を彼女にしたい」と思うのは当然かも。

ルックス関係なしに、良きパートナーとして歩んで行けそうです。

4.自然体で控えめ

「正直、顔目当てで近づいてくる女の子ばっかりで。積極的にアピールされることが多いから、ガツガツされると引きますね」(23歳男性/薬剤師)

女性と出会うキッカケが多いイケメン男性たちは、自分の顔目当てで近づいでくるような肉食系タイプにうんざりするのでしょう。

自然体に接してくれる、グイグイ攻めてこないといった控えめな女性に惹かれる傾向があるようです。

彼らが普段されているようなアプローチの仕方を避けて、接してみましょう。

自信を持ってあなたらしさも大切に

イケメン男性こそ、顔よりも内面が大切だということに気が付いているのかも。

「自分には手の届かない存在かも」とあきらめてしまう前に、ここまで挙げてきたことをぜひチェックしてみてくださいね。

イケメン男性が惹かれる要素を、本来あなたが持っているものかもしれません。

彼にアプローチをするなら、ただ褒めるだけじゃなく、自分の誇れる部分も一緒に伝えていきましょう!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)