ちょっとしたケンカで「もう別れよう」と言われてビックリ!なんて経験ありませんか?

こんなとき、別れの決定打はそのケンカではなく、あなたの日々のちょっとした言葉かもしれません。

ひとつひとつは別れるほどじゃないけれど、繰り返すうちに彼のイライラが積み重なり、あなたへの愛情がどんどん薄れてしまっていたということもあるでしょう。

そこで今回は、男性がどんな言葉にイラッとするのかお伝えしていきます!

男性が密かにイラつく彼女のセリフ4選

LINEスタンプで「ごめんなさい」

待ち合わせ時間に遅れたときの彼女の対応にイラつく男性は、多いようです。

とくにイラッとするのは、遅れることへの謝罪をLINEのスタンプ1つで済まそうとしてきたときだそう。

感情をやわらかく伝えるためにスタンプを使用する女性もいると思いますが、スタンプだけだと、本当に悪いと思っているの?と軽々しく受け取られてしまいがちです。

シリアスな場面や遅刻のように自分に非があるときは、スタンプだけでなく、誠意を持って自分の言葉で伝えましょう。

聞きたくない彼女の悪口

職場や学校など、同じコミュニティの人にいえない悪口を、彼にぶつけてしまうこともあるでしょう。

しかし、せっかくのデートに彼女の知らない人への悪口は、楽しいふたりの時間を台無しにしてしまいます。

「悪口をいってる彼女なんて見たくないんだけど?」と男性はしらけた気持ちなっているかも。

心を許していると言っても、甘えすぎには気をつけましょう。

「怒ってる?」

彼女がいちいち「怒ってる?」と聞いてくるのにイラつくという男性も少なくありません。

彼が不機嫌そうだとついつい「怒ってる?」と聞きたくなる気持ちもわかりますが、不機嫌なのは怒っているからなのではなく、仕事の悩みで落ち込んでいたり、ただ疲れているだけということもありますよね。

「彼女に関係ないことでも自分の気持ちは動くし、態度に出たのは悪いけどいちいち情緒不安定になってほしくない」という声もあります。

彼の感情が何でも自分に関係していると考えると疲れるだけ。

彼の怒りの原因に心当たりがないなら、いちいち「怒ってる?」とは聞かず、ごく普通のテンションを保ったほうがいいようです。

周りを気にせず好き嫌い発言

食べ物の好き嫌いは誰にでもありますが、自分が好きではないというだけでの強い否定は、周囲にストレスを与えているかも。

人が食べているものをわざわざ「あたしそれ嫌い」といったり、「よくそんなもの食べれるね」というのは友達でもイラつきますが、彼ももちろんイラッとしているでしょう。

好き嫌いを強くいってしまうと、男性が外食のお店選びで困ってしまうこともあります。

せっかくの食事の時間を楽しく過ごせるよう、嫌いなものは「黙って食べない」といった方法で対応しましょう。

ストレスフリーで幸せカップルに!

「地味にストレスがたまるけど、怒る自分の方が心が狭いのかも?」

そう思わせるような態度やセリフは、意外なほど相手の心にわだかまりを残します。

ずっと一緒にいるなら、ストレスなくお互い気持ちよくすごしたいですよね。

知らない間に彼の地雷を踏むことのないようにしたいものです。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)