意中の彼からLINEが来ると「即レスしたいけど駆け引きしたい」と、気持ちが揺れることもあるはず。

今回は、恋愛の勝敗を分けるLINEの返信術として4つの戦略をご紹介します!

今すぐ使える返信術!「恋愛の勝敗を分ける4つのLINE戦略」とは

連絡の時間帯をいつもとずらす

いつも彼と同じ時間にLINEをしていると、「毎日このぐらいの時間にLINEが来る」と思わせることができるはずです。

その予想を裏切るのもひとつの戦略といえるでしょう。

「今夜はLINEが来ないけど、誰かと一緒なのかな?もしかして男……?」と思わせることができるかも。

自分とLINEでいい感じだったのに、ほかの男性の影がチラつくと、彼はあなたのことをより強く意識してくれるでしょう。

マイペースなタイミングで返信する

好きな人とLINEをするときも、友達とLINEをするときのように、マイペースなタイミングで返信をしましょう。

彼からのLINEが嬉しすぎて、つい即レスしたくなるかもしれませんが、重い女性になるリスクは避けたいですよね。

自分のペースで返信することで、彼からの返事が遅くても「今は忙しいんだな」と素直に思えるでしょう。

不安な気持ちからの追撃メッセージも送らずに済むはずです。

ランダムに返信して焦らす

意中の彼とLINEでやりとりするときは「即レス」と「間を開けての返信」をランダムに織り交ぜてみましょう。

ランダムに返信を送ると、相手に返信のタイミングを読ませない効果があります。

片思いをすると「好きな気持ちがバレて避けられる」不安もあるでしょう。

好意を持つかどうかの決め手は、相手のことがどれだけ頭に浮かんでくるかが重要になるはず!

「行動パターンが読めないな~」と気にさせることで、彼の頭にふと浮かんでくる女性を目指してみてください。

既読マークを、まずつける!

意中の彼からのメッセージは、まず一度既読にしましょう。

そして少しの間を置いてから返信する作戦は、彼に「既読ルールに緩い人」と思わせることができるはず。

一見マイナスイメージにも思える作戦ですが、男性からすると「既読後に返信が遅れても許してもらえそう」と気楽さを感じてくれるみたいです。

「もしや既読スルー?」と思わせることもでき、あなたの返事が待ち遠しい状態をも引き起こすことができます。

返事が来ない違和感をちょっぴり感じさせて、彼にあなたのことを意識してもらってくださいね。

「逃したくない」と思わせる工夫が大事!

彼と他愛ない世間話でLINEやりとりをできる仲になったら、恋の進展は間近でしょう。

ただの友達で終わらせず恋仲になるために、返信の「間」を工夫して、「逃したくない」と感じさせてください。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)