男性との初対面って、緊張するもの。それが気になっている彼だったらなおさら、うまく話せないこともあるでしょう。

思ったように喋れなくて「全然アプローチできなかった……」「もっとうまく話せてたら、彼といい感じになってたかもしれないのに」と悩んだ経験のある人もいそうです。

そこで今回は「会話のときのちょっとしたコツ」を紹介します。

誰でも初対面の男性と、楽しく話せるようになるかもしれませんよ。

誰でも初対面の男性とうまく話せる!会話のときのちょっとしたコツ5選

「聴く」ことに徹する

自分が話さなければと思うとうまく話せなくなることがあります。気が張ってしまう人もいるでしょう。

なので、まずは「聴く」ことを意識してみてください。

そうすると、相手の話を聴いているだけで、その話から会話が広がります。

自分が話さなくても自然に会話が成り立っていくんです。

あなたが「聴く」をすることで、男性は自分の話を聞いてくれたと感じて満足もしてくれますよ。

聴く際は、ボーっと聴くのでなく、相づちや表情づくりを忘れずにしていきましょうね!

「うまく話そう」と意識しすぎない

ついついやってしまうことが、うまく話したいがために、意識しすぎて空回りしてしまうこと。

意識しすぎると、自分が何を話しているか分からなくなりますよね。

初めて話す相手であれば、緊張するのは当たり前。そして、それは相手の男性も同じです。

誰でも初めて会った人と話すのは緊張します。

なので「うまく話そう!」という気持ちよりも「楽しく話そう!」を意識していくと、自然とうまく話せるようになりますよ。

共通点を探す

相手との共通点を見つけるのも重要。自分のなかで、共通点探しゲームのように考えるのもありですね。

「今日は5個探してみよう!」といった気持ちでいくと、うまく話せるようになれるはずです。

なぜなら、共通点を知るという目的が決まっているから。

しかも共通点が見つかるとお互いが嬉しくなるので、そこから自然と会話も弾みます。

あなたは気づいたら、心から楽しく話せているかもしれませんよ。

共感する姿勢を見せる

共感する姿勢を見せる

「それ分かる!」「私もそう思う」「私も好き」

男性の話に共感すると、男性は話していて気持ちよくなり、あなたの印象もよいイメージになります。

そうすることにより、男性が楽しく会話=あなたも楽しく話すことができるので、うまく話せるようになるでしょう。そして、男性との距離感も縮まります。

ただまったく共感できない部分には、無理して共感することはありません。嘘の共感は相手に悟られてしまうので要注意です。

いくつか質問を考えておく

うまく話せない人は何を話したらいいのか分からず、また会話が止まってしまうのが怖いと言います。

止まることを恐れて固くなってしまうと、会話も楽しくできないでしょう。

そんなときは、前もって質問を考えておくんです。

「休日は何をしてるの?」「最近旅行はどこに行った?」「おいしいごはんのお店知ってる?」いくつか考えておくことで、いざとなったらこれらを出していくんです。

そうすれば、会話が止まるのを恐れず、楽しく話しつづけることができます。

最低3個程度は考えておくと、あとで役に立ってくれるでしょう。

自然とうまく話せるように…

今回紹介した会話術を意識していけば、自然とうまく話すことができるはず。初めて会う男性にもきっと、「話しやすい子だ」と思ってもらえるでしょう。

是非参考にしてみてくださいね。

(小山なつ子/ライター)

(愛カツ編集部)