男性と女性は「違う生き物」と言ってもいいほど、ものごとの考え方や感じ方が違います。

しかし、実際は男性同士でも考え方が違うことも多く、それはLINEの頻度にも当てはまるようです。

男性によって、「LINEはうっとうしい」「LINEがくると嬉しい」のように考え方は違います。

今回は、男性が思う「ウザいLINE」の特徴を紹介します。

男性が思う「ウザいLINE」の特徴って?

「今なにしてるの?」はウザい

彼と会えないときに「今なにしてるの?」というLINEを送っていませんか?

たまに送るのは問題ありませんが、あまりにも多いと彼は「ウザい」と感じるようになってしまいます。

また、「誰と一緒にいるの?」という内容を送ると、彼は「自分は信用されていない」と感じてしまい、あなたから心が離れる危険性もあるのです。

相手の近況が気になるときは、なるべくLINEではなく電話で連絡をすると、話が弾んで彼もよろこんでくれるでしょう。

頻繁な連絡はやめてほしい

付き合い始めの頃なら、彼女がLINEでたくさん連絡をしてきても、男性は「嬉しい」と思うもの。

ただ、あなたにプライベートがあるように、彼にもプライベートな時間があります。

ついつい彼にたくさんLINEをする女性もいますが、あまりに頻度が多くなると、彼は「嬉しい」ではなく「ウザい」と感じるようになるのです。

どれだけ相手のことが好きだったとしても、毎日LINEを送るようなことは避けましょう。

返信がこなくても我慢してほしい

彼にLINEを送っても、なかなか返事が返ってこないケースがあるでしょう。

とはいえ、そんなときに「どうして返事くれないの?」のような逆ギレメッセージを送るのは、絶対にNGです。

仕事の内容にもよりますが、仕事中にメッセージに気付いても、すぐに返せないことはよくあります。

また、スマートフォンの電池切れや故障で返信ができないこともあるのです。

返信がないことで彼を執拗に責めれば、彼は次第にあなたのことを「めんどくさい」と感じるようになるでしょう。

とくに仕事が忙しい男性の場合は、LINEの返信を後回しにする人が多いので、その点は我慢するようにしてくださいね。

LINEに頼りすぎないで

LINEはとても便利なツールではありますが、多用すると面倒に思われる危険性もあります。

「このLINEウザいな」と思われないよう、今回紹介した内容を参考にして、LINEを送る頻度はよく考えてくださいね。

(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)