多くの場合男性は、女性とのコミュニケーションにおいては本音を言わない傾向にあります。

なぜなら、本音を言ってしまうと相手の機嫌を損ねたり、言いふらされたりする危険があるからです。

男性は、女性を誤解させるような、どっちとも取れる言葉を使って、厄介な恋愛から逃げ出しているようです。

そこで今回は、男性が「フェードアウトしたいとき」に言うセリフを3つご紹介します。

男性が「フェードアウトしたいとき」に言うセリフ3選

「飲み会しようよ」

これは危険な言葉です。

男性は気に入った女性とは、二人で食事に行って、飲みに行くでしょう。

「飲み会しようよ」は、「あなたと二人は嫌」と言われているようなもの。

もし、一回合コンした後や、ランチに行った後に「飲み会しようよ」「飲み会行こうよ!」と言われたら、それは脈がないと考えましょう。

「また今度ね」

これは一番危険な言葉です。

男性の「また今度ね」は「もう二度とない」と考えたほうがいいでしょう。

本当に次回を考えている男性ならば、「また今度」とは絶対に言いません。

「また○○日に会おうよ」とか、「明日連絡するよ」と具体的な日時を指定して連絡します。

「また今度ね」は断りたいけれど、「嫌だ!」と言うと角が立つリスクがあるので、それを避けるために生まれた言葉です。

それを知らないと、女性としては「『また今度!』と言われたのになにも連絡がない……」と、来るはずのない連絡をずっと待つことになってしまうのです。

「俺から連絡するね」

これも残念ながら、脈のない言葉です。

「俺から連絡するね」という男性は、ほぼ確実に連絡しません。

たとえば、あなたが勇気を出して彼をデートに誘って、「ぜひぜひ、日程こちらから連絡します」と言ったとします。

あなたがとても喜ぶ顔が目に浮かぶのですが、これはじつはフェードアウトへの第一歩。

本当に行きたいなら、先延ばしにしません。

その場で日程を調整するでしょう。

「こちらから連絡します!」というのは一回こうやって言っておけば、相手は面倒くさいことを言ってこない、そして引き延ばしていつの間にか無かったことにしよう、という戦略の一環です。

噓つき!と言いたくなるでしょうが、これも男性にとっては、スムーズにフェードアウトする「リスク回避」の戦略なのです。

番外編「最近どう?」

そうやって元カノやいい感じの女性に送ってくる男性の本心は「下心」でしょう。

下心をうまくオブラートに包んで「最近なにしてる?」と近況を聞いていますが、これは女性をつり出すためのまき餌。

とくに週末や夜に送られてくる場合は危険です。

そうやって、「会話を再開」して、あなたをモノにしようとします。

これはリスクを回避する、というよりは、低コストでいい思いをしたいという効率的な行動ですね。

ついつい気になる人や、元彼からそう言われると心が動くこともありますが、誘いには乗らないほうが賢明です。

耳ざわりの良い言葉に騙されないで

男性はこうやって巧妙に、気の乗らない恋愛から逃げたり、簡単に都合のいい女を作ったりします。

誰もが一回くらい、これらの言葉を使われたことがあるのでは?

次からは本心を読み取りましょう!

(愛カツ編集部)

●別れに直結…!男性が「これはマジで嫌だった」と感じた彼女の言動3選