多くの女性は、心のなかに「理想の彼氏像」を持っているもの。

それを女子会だけで話したり、妄想にとどめたりするのなら問題ありませんが、男性の前で言ってしまうと一気に引かれてしまうかも。

そこで今回は、男性がじつはドン引きしている「理想の彼氏像」を4つご紹介します。

男性がじつはドン引きしている「理想の彼氏像」4つ

ドラマや漫画のキャラにたとえる

「この前ちょっと良いかなって思っている女の子に『どんな人が彼氏だと嬉しい?』って聞いてみたんです。そしたら思いっきり漫画のキャラの名前を出されて『私のタイプは○○みたいな人!』って言われて引きました。

正直そのキャラのどの部分に惹かれてるのかもわからないですけど、男に話すときくらいは別の表現をして欲しいなって」(26歳/ゲーム業界)

お互いが同じ漫画が好きという話の流れからならわからなくもないですが、いきなり好みのタイプが漫画のキャラクターだと言うと男の人は引き気味のよう。

漫画やアニメが好きなのは問題ないですが、話題にするときは、現実に合わせた基準を使うようにしましょう。

ピンチのときはいつでも駆けつけてくれる

「前に女友達が、『彼氏なんだったらピンチのときにはすぐに駆けつけてくれないと嫌』って言ってたんです。もちろん時間とか許せば駆けつけたいとは思うでしょうけど、正直無理な場合も多いかなって。

でもその友達は『そこは無理してでも来てくれるのが本物の愛じゃない?』って言ってて、それは無理だーって思いました」(25歳/IT)

ヒロインがピンチに陥ったときには、どこからともなく駆けつけて救ってくれる白馬の王子様。

そんなロマンティックな妄想をしたことがある女性は多いかも。

ですが、現実にそれを求めるのは無理があります。

彼にも仕事や生活、あなた以外の人付き合いがあることを忘れないように。

最低年収と最低身長の理想がある

「会社の上司の女性で美人なのになぜかずっと彼氏がいないって嘆いている人がいるんです。その人にこの前飲み会で『どんな人が理想なんですか?』って聞いたら、最低年収と最低身長をまず最初に指定してきて。

その時点で自分は年収で候補に入らなかったですね。まぁ好きな相手じゃないから良いんですけど。でも年収も結構高額だったので、これじゃあなかなか彼氏できないだろうなって納得しました」(27歳/出版)

年収の話は彼氏になってもあまり聞かない方が良いと言いますよね。

自分よりは稼いでいる人が良いと心のなかで思っていても、あまり口には出さない方がよさそうです。

ロマンチックすぎるデートを求める

「飲んだときに理想の彼氏・彼女像を話そうって話題になって、一人の女の子が理想のデートを語りだしたんですよ。

そのときその場にいた男全員が引いてましたね。だってロマンチックすぎるし、それいくらかかると思ってるの?って感じのデート内容で。可愛いのにもったいないなぁ」(25歳/営業)

男性にとって考えることの多いデート。

それを付き合う前からハードル高く設定されては男性たちも手を出しにくくなってしまいます。

理想のデートの話題になっても、気になる男性の前で話すなら、デート内容を現実味のあるレベルに引き下げておきましょう。

本当の理想を話すのは危険かも

男性たちが引いてしまう理想の彼氏のラインが少しは見えたでしょうか?

基本的には、彼氏にしたいと思っている相手の前では理想を語らない方がいいかもしれません。

彼がそれを聞いてアプローチを断念する可能性も考えて発言してくださいね!

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

●男性が「ないわ〜」と思ってしまう女性の言動は他にも!