「好き」という気持ちは、自分が持つのも相手に持ってもらうのも素敵ですよね。

しかしその気持ちが大きくなりすぎると、自分で制御ができなくなって相手に嫌な思いをさせることがあるかもしれません。

今回は実際に「彼女を好きすぎる男性が、相手にやってしまうこと」を紹介します。

愛情がエスカレートしないよう、カップルふたりともが注意できるとよいでしょう。

放っておけないかも…?彼女を好きすぎる男性が、相手にやってしまうこと

何にでも口出しする

男性は彼女のことを好きになればなるほど、それに比例して心配する気持ちも強くなるもの。

「彼女が大変な目に遭ったりしないか」と気になってしまうので、色んなことにいちいち口出しをしたりもするのです。

何から何まで細かく口を出されたら、さすがにイライラするかもしれません。

でも、そこで文句を言ったらぶつかり合うだけ。

「ありがとう。でも、まずは自分で何とかしてみるね」と、心配してくれていることへのお礼はちゃんと示すべきです。

困ったときには頼るという意思を、見せておくとよいでしょう。

頻繁にSNSをチェックする

大好きな彼女に対しては「常にすべてを把握しておきたい」という思いにもなるもの。

彼氏があなたのSNSを細かくチェックしているような場合は、「好き」という気持ちが強くなりすぎている傾向にあるのかもしれません。

また「いまどこ?」などと居場所を確認してくることが多いケースも、同様の状況だと言えます。

報告がないから知りたくなるので、こういった彼氏に対しては、あなたから事前に報告するのを増やすようにしましょう。

状況も少しずつ変わってくるはずですよ。

すぐに、嫉妬をあらわにする

すぐに、嫉妬をあらわにする

彼女のことが好きすぎる男性が取ってしまう行動の典型と言えるのが、すぐに嫉妬をあらわにすること。

ちょっとほかの男性と仲よくしただけで、不機嫌になったり怒りだしたりするのは、それだけあなたのことを強く思っているからなのでしょう。

また、そういった男性は自分に自信がなかったり、あなたからの愛情があまり感じられていなかったりする場合も多いです。

「あなたが大好きだよ」「あなた以外の男には興味ないよ」とちゃんと言葉にして伝えてあげると、安心感も生まれてくるものですよ。

価値観を押しつける

大好きな彼女には、彼女のためを思って、色々としてあげたいという気持ちが強くなります。

でも、それが一方的な価値観の押しつけになっているというケースもよくあること。

そういった彼氏の意見に言いなりのようになってしまうと、事態はどんどん悪化していく危険性も高いです。

激しく拒絶や反論をするような言い方ではなく「私はこう思うんだけどどうかな?」と言うのがベター。

しっかり向き合って話し合うようにすると、お互いに尊重し合える関係性になっていけるでしょう。

彼氏をコントロールして

今回紹介したような言動が彼氏に見られる場合は、あなたへの気持ちがかなり強くなっている証拠でもあるでしょう。

そういった彼氏でもうまくコントロールすることができれば、ぶつかり合うことも少なくなるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)