彼に結婚を意識してもらいたいけれど、どのようにすればよいのかわからず悩んでいませんか?

女性と違って、男性は自分から結婚を意識しにくいもの。

しかし、女性からのアプローチで結婚を意識してもらえる場合もあります。

今回は、彼にそれとなく結婚を意識してもらえる話題をご紹介していきましょう。

どこまで言ってOK?彼に結婚を意識してもらう話題3つ

年齢を意識させるような話

「彼女の『40歳過ぎて未婚の男性って、理由がありそう』という言葉で、ふと年齢を意識しました。
自分も結婚を考える年だなと気づき、本気で結婚を考え始めました」(33歳男性/接客)

出産にリミットがある女性は、「結婚は〇歳までにしたい」と年齢を意識している場合が多いですが、男性には「いつか結婚できればいいかな」といった考えの人も珍しくありません。

そこで、男性に年齢を意識させるような話題を出してみてはいかがでしょうか。

「5年後って、なにしてると思う?」といったライトな感じから、「40歳で子ども産んだら、成人式のときには60歳!」といったちょっと込み入った話まで、いろんな話ができそうですよね。

男性が「そろそろ将来を考えないといけない年だな……」と思うきっかけになるかもしれません。

結婚生活を連想させる話

「ドラマを観てたとき彼女が、『こういう生活あこがれる!』『こどもの髪を結んであげるのっていいよね』と発言。
そのときは『いいね~』って流したけど、急に結婚してママになった彼女を想像しちゃいました。そのときから、彼女と結婚したらどうかな~って頻繁に考えています」(27歳男性/事務)

結婚すると大変そう、自由がなくなりそう……など、ネガティブなイメージを持つ男性も多いですが、単純に結婚生活に具体的なイメージがわかないという男性もいます。

そこで、彼に結婚生活をイメージさせてみてはいかがでしょうか。

急に話題にするのは難しいので、ドラマや映画をきっかけに話題をふってみるのがおすすめ。

コツは、自分が感想を言うだけにとどめておくこと。

彼の返答にさらに質問したり、しつこく「結婚っていいよね」という感じで詰めると、重たくなるので要注意です。

友人が結婚した話

友人が結婚した話

「彼女が友達の結婚式に参列したときの話を幸せそうにしていて。かわいいなって思いました。そんな彼女を見てたら、結婚してこの子を幸せにしてあげたいなって気分になりました」(32歳男性/医師)

友人の結婚の話をきっかけに、自分の結婚を意識するケースもあるようです。

彼に結婚を身近な話題として考えてもらうためには、「〇〇が結婚するんだって」「〇〇の結婚式いったんだ」などと、さらりと触れることが大切です。

あまりしつこかったり嫌味っぽくなったりすると、彼の気持ちが冷めてしまう可能性も。

友人の話をするときには、つい自分たちの話題にすり替えないよう気をつけましょう。

彼の反応から結婚に対する気持ちを探ってみよう!

彼に結婚を意識してもらうには、結婚を身近なものとしてとらえ、具体的なイメージを持ってもらうことが有効です。

ここでご紹介した話題をさりげなく会話に織り交ぜながら、彼の反応を見てみましょう。

反応が薄かったりスルーしたりするようなら、彼の心の準備ができていないのかもしれません。

彼の気持ちも大切にしながら、結婚へ進んでいけるといいですね。

(愛カツ編集部)

結婚を意識してもらうテクニックはほかにも!