いい感じの彼はいるけど、はっきり彼氏彼女の関係になったわけではない。

ちょっと微妙な関係のときもあるでしょう。

「私と付き合う気ないの?」と不安になりがちな時期ですが、本命の彼女になれるかはこの時期をどう乗り越えるか次第です。

あと一歩のところで、恋を逃がさないためのポイントを3つ紹介します。

恋人未満の微妙な時期に…あと一歩のところで、恋を逃がさないためのポイント3つ

心に余裕を持とう

彼からの告白を心待ちにしていると、彼のちょっとした行動にがっつきたくなる気持ちもあるでしょう。

たとえば、彼が「俺たち付き合ったらどうなるのかな」と言っただけで「そう思うならちゃんと付き合ってよ!」と言ってしまいたくなる気持ちも分かります。

また、付き合う前にお家デートをしたり、手料理をだしたり。

こういった行動は「早く告白しろ!」オーラに満ちていて、彼の恋心を萎えさせる原因にもなるようです。

「俺は本気で付き合いたいと思っている」など、彼のがはっきり口に出すまでは心に余裕を持つことが大事になるでしょう。

外堀を埋めるのはNG

「彼って私と付き合う気あるのかな……?」と思うと、外堀を埋めたくなりますよね。

ふたりが付き合っている噂を流したり、彼の友達に「遊ばれてるかもしれない」と相談したり、周囲を巻き込んだ彼への圧力は嫌われてしまうはず。

「じゃあ付き合おうか!」と思わせるきっかけにはならないでしょう。

もし、外堀を埋めたいなら、人前で必要以上にべたべた甘えないことや、彼の友達の前で彼を立てることができるなどの大人な対応が重要になります。

大人な対応をすることで、彼が「あの子素敵だね」と周りに言われるようにしたほうが、効果が出るでしょう。

「追わせること」を意識する

「私と付き合う気あるの?ないの?」といった微妙な時期は、女性にとって不安の塊ともいえるでしょう。

しかし、男性にとっては意外に楽しいものなのだとか。

男性には狩猟本能があるといわれていて、「彼女は俺のものになるのかな?ならないのかな?」という時期は、狩りを楽しむような気持ちなのかも。

そのため、この時期に「私のことどう思ってるの?」と迫ったり、強引に体の関係を持ったりすると「この子は追いかける価値ないな」と狩りの対象から外されることに。

「手が届きそうで届かないかも?」という距離を保ちつつ、彼の周りでニコニコしているような女性を目指してみてください。

彼の狩猟本能を刺激して、追わせる態度を意識したほうが微妙な期間は早く終わるはずです。

最後まで気を抜かないこと!

どんなにうまくいきそうな恋も、微妙な期間の扱いを間違ったばっかりに台無しになってしまうこともあるみたい。

「ほぼ両思いでしょ?」という時期ほど、最後まで気を抜かないように気をつけましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)