何気ない口ぐせから、相手の性格がわかることもあります。

思いを寄せている男性も、いつもやさしく接してくれているけど、実は取り繕っているだけで、本性は面倒くさいタイプかもしれません。

そこで今回は、「付き合わないほうがいい男性の口ぐせ」についてご紹介します。

要注意!付き合わないほうがいい男性の口ぐせ

ネガティブなこと

「彼のガツガツしていないところに惹かれて付き合ったけど、フタを開けてみれば『どうせ俺なんて……』と周囲をひがむようなことばっかり!最近彼と話すのが億劫になってきました」(27歳女性/公務員)

いつも自信満々で、謙虚さのない男性も考えものですが、自己評価があまりにも低いと、気をつかって疲れてしまいます。

人と比べたりせず、自分をしっかりもっていて、引っ張ってくれるほうが、一緒にいて安心できて、頼りにもなるはずです。

なんで?

「女友達と遊ぶと報告しても『なんで?』、残業で遅くなると言っても『なんで?』。
とにかく『なんで』と追及されると、とくに理由なく言っているのか、それとも怒っているのかわからなくて怖い……」(25歳女性/広告)

自分に興味を持ってくれるのはうれしいものですが、小さなことにも「何で?」と聞かれると、常に監視されているような感覚になってしまいます。

相手を縛り、支配するようなことばかりいう男性は、一緒にいてストレスを感じることが多いかもしれません。

お付き合いをスタートさせる前から、窮屈な思いをさせるような発言が目立つ場合は、気を付けた方がいいでしょう。

その場をやり過ごすようなこと

「私が何を言っても『はいはい、わかったから』と投げやりな態度をとるんです。
思ったことも彼に相談できないし、寂しいなって思ってます」(31歳女性/販売)

話をさえぎるかのように「はいはい」とその場をやり過ごそうとする男性は、お付き合いの最中に問題が起こっても、ふたりできちんと話し合いをすることは難しいかもしれません。

ケンカは避けたいものですが、ときにお互いに思っていることをぶつけ合うことは大切です。

彼女のことを受け入れてくれて、真摯に向き合ってくれるタイプなのか、口ぐせから見極める必要もあるでしょう。

お付き合いする前に考えて!

あまり深く考えていない発言だからこそ、相手の本当の気持ちがわかるものです。

投げやりなことをいったり、ストレスを与えるようなことばかりする男性とは、お付き合いをするのはちょっと考えたほうが良いかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)