男性のなかには「本命には奢るけど、どうでもいい女性に対しては割り勘」なんて考えの人も、少なくないんだとか。

彼らにとって本命女性とどうでもいい女性の差は、それくらいはっきりと分かれているのでしょう。

またお会計で差が出るのと同様に、デートプランにも差が出る場合もあるようです。

今回は男性の、「どうでもいい女性へのデートプラン」を紹介します。

男の本音!どうでもいい女性へのデートプラン3つ

夜にちょっとだけ会う

「マッチングアプリで知り合った女性がいて、昼から会っても意味ないと思うので、基本『夕飯食べに行かない?』って誘います。本命じゃないしそれくらいでいいですよ」(31歳男性/コンサル)

相手のために丸一日空けること自体、忙しい人からすると大変なものです。

本命相手だからこそ、たとえ忙しくても何とか実行できることなのかもしれません。

一方どうでもいい女性には夜だけ会って、ご飯を食べて解散なんて男性もいるでしょう。

関係が進まなさそうだと感じたら、女性のほうから断るべきです。

自分の予定に付き合わせる

「好きじゃない子って、自分からすると友達みたいなものなんですよね。だから俺の洋服を買うのに付き合ってもらったりしますね」(26歳男性/総務)

どうやら彼らは「どうでもいい子に合わせるだけ、休日がもったいない」と考えているようです。

そのため自分のやりたいことや予定に付き合ってもらう……というスタンスの人もいます。

もしあなたが「私も自分の洋服見たいな」などと言っても受け入れてもらえないのであれば、その程度としか思われていないのかもしれません。

相手にすべて任せる

相手にすべて任せる

「本命には喜んでもらえるようにデートプランを練るけれど、どうでもいい女性だったらすべて相手任せにしちゃうかな。それでよっぽどじゃない限りは『うん、いいよー』ってOKしちゃう」(30歳男性/営業)

自分のやりたいことをやるデートも紹介しましたが、これは色んな女性と遊んでいる男性に多いようです。

「自分の意見を聞いてくれる=本命の証」と思いきや、じつは考えるのが面倒なだけだなんてことも。これは女性からすると、かなりショックですよね。

でもそう考えると、「デートは楽しかったのに、なぜか告白したら振られてしまった」という、付き合う前にありがちな失敗の答えも出てきそうです。

彼がつまらない様子なら…

本命とのデートとどうでもいい女性へのデートとでは、男性の気合の入り方が違います。

彼がどことなくつまらなそう、もしくは自分のことしか考えていなさそうと感じるのであれば、一度自分からデートのお誘いをするのはやめたほうがいいかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)