恋愛感情は、その人の外見や雰囲気、出会ったシチュエーション、人間性などから、芽生えることが多いもの。

これに加え、「気が合いそう」と感じることで、異性として意識するケースもあるようです。

そこで今回は、「男性に意識してもらう喋り方のコツ」をご紹介します。

この子と気が合うなあ…。男性に意識してもらう喋り方のコツ

感情的に怒りを伝えない

無表情より、表情豊かなほうが好感度は高いもの。

嬉しいこと、楽しいこと、悲しいことなど、喜怒哀楽はオーバー気味に伝えたほうが、感情面での共感が大きくなり、「気が合う」と感じてもらいやすくなります。

とはいえ、喜怒哀楽の「怒」に関しては、伝え方に要注意。

怒りの感情は、たいてい限定的で、一時的なもの。

あまりに激しい怒りの感情を伝えてしまうと、「なんでこんなに怒ってるんだろう?よくわからない……」となってしまうことが多いのです。

怒りは感情的にならないように気をつけて、「なぜ不満に思うのか」を客観的に分析し、その理由を話すことで共感を得るほうが建設的です。

気が合う関係を築くためにも、上手に伝えることを心がけていきましょう。

まずは相手の意見を受け入れる

おしゃべりが大好きで、楽しい会話ができる自信があったとしても、自分ばかり喋っていると、相手に「気が合いそう」と思ってもらうのが難しくなります。

まず相手に話してもらい、そのうえで自分の意見を言うよう意識してみましょう。

こうすること、相手は自分を受け入れてもらえたと感じ、「この人と一緒にいれたら、心地よいかも」と、感じてもらうことができます。

意見に共感してもらう、という方法でも「気が合う」と感じてもらえますが、相手の意見にこちらが共感する、という順番なら、もっと「気が合う」と感じてもらえるもの。

素直な反応をする

素直な反応をする

相手の好みに合わせたり、話し方を真似たり、しぐさをかわいく見せたり。

相手に好かれたいがためにしてしまうことってありますよね。

とはいえ、やっぱり素直な気持ちの魅力は、好かれたい気持ちによって作られた言動よりも、意味を成すケースが多いものです。

「なかなか出せない本音」を相手に見せると、相手の男性も共感できるもの。

彼と近づきたいのであれば、「好かれたい気持ち<素直な気持ち」を意識してみましょう。

楽しい会話を!

「気が合う」と感じてもらうためには、自分の感情を直接伝えるよりも、相手の感情を引き出した上で伝えることが大切です。

相手の意見を聞いたり、言いにくい本音を置いて、それに触れてもらうような話し方をしたりするのが◎

こういったことを心がければ、彼ともよりよい関係を築いていけるはずですよ。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)