脈がない男性との恋愛に時間を費やしても、疲れるだけでしょう。

ハッキリと脈なしが分かれば身を引けるのに、意外と男性はハッキリと脈なしサインを出してくれませんよね。

そこで今回は、男性が「こっそり出す脈なしサイン」を5つ紹介します。

見逃し注意!男性がこっそり出している5つの「脈なしサイン」

ドタキャンばかりする

仕事をしている社会人であれば、「相手の時間の大切さ」は理解しているものでしょう。

そのため、男女ともによほどの理由がない限り、遅刻やドタキャンはしないのが礼儀ですよね。

しかし、好きでもない女性に対しては「ドタキャンをしても平気」といった冷徹な男性は多いようです。

連続ではなくとも、彼から仕事を理由に連絡が遅くなることや、デートがキャンセルされる場合は脈なりを疑った方がいいかもしれません。

映画を観てすぐに解散

映画を観てそのまま解散というデートは、脈なしサインの代表ともいえるでしょう。

単純に、男性が自分自身のリフレッシュついでにあなたと会っている可能性があります。

映画鑑賞中には、基本的におしゃべりはしませんよね。

だからこそ、脈ありの女性に対しては、映画が終わった後に「映画観近くで一杯だけ飲まない?」と誘うなど、少しでも会話の時間を取ろうとします。

映画を観たあとに、なんのお誘いもなくすぐ解散になった場合は脈なしの場合が多いです。

女性と一緒に写る写真を見せてくる

どこかに行ったときの写真を、見せ合うことってありますよね。

そのときに、明らかに女性と一緒にいることが分かる写真を見せられることがあったら、それは「脈なし」サインといえるでしょう。

男性は、脈ありの女性にはそんなことはしないはずです。

「他の女の子と遊んでいる、と知られてもいい相手」だと思われているのは確実です。

離れると連絡が来なくなる

たとえ出張中であっても、休みなく四六時中仕事をしているなんてことはないでしょう。

極端な話、出張先が海外だとしても、Wi-fiがつながればLINEくらいはできるはず。

それにも関わらず、連絡が来なかったり、頻度が落ちるとのは脈なしサインだと思っていいかと思います。

ただ、時差が大きくある海外への出張などの場合は、さすがに頻度は低くなるかもしれません。

しかし、大切な人であれば、到着したり帰国する前のタイミングで連絡を取りたくなるものでしょう。

家に行かせてもらえない

好きな女性や気になる女性以外から「家に行きたい」と言われたとき、困ってしまう男性は多いよう。

「予定がある」「散らかっているから」ということで先延ばしにする、という声もありました。

「何かと理由をつけて家に呼んでもらえない=脈なし」と判断していいでしょう。

貴重な時間を無駄にしないように!

「いい感じっぽいのに、なかなかお付き合いに発展しない」

……これって、そもそも脈なしなのかも?

または、キープされている場合も。

男性からの隠されたサインを見逃して、無駄な相手に貴重な時間を費やさないように、今回のヒントをぜひ参考にしてみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)

●やさしい男性の…分かりづらい「脈なしサイン」