男性がげんなりする女性の特徴のひとつに、「詮索する女性」があります。

ひとくちに詮索といっても、彼のプライベートを根掘り葉掘り聞いたり、携帯を盗み見しなければ大丈夫ということではありません。

男性は、普段の話し方や仕草から「この子は詮索するのが好きなのかもしれない」と見極めているよう。

そこで今回は、男性が嫌がる「詮索する女性」の言動を3つご紹介します。

男性が嫌がる「詮索する女性」の言動3つ

怪しくても泳がせる

根掘り葉掘り質問をぶつけられるのもいい気分ではないけれど、過去の発言をしっかり覚えていて「あのときはこう言ってたよね」と事実を導こうとするのも怖いようです。

たとえば彼が「水曜日はダメなんだ」と言っただけで、「水曜日はノー残業だよね。あとフットサルもない日だよね。飲み会?」のように、なにげない発言をつなげて彼の行動を割り出そうとする人がいますが、やられる方はたまったものではありません。

なんの気なしに話したことにその場ではツッコミを入れず、あとから逃げ場をふさぐようなやり方で行動を特定するのは「記憶力すごいな」より「執念深くて怖い」と思われるでしょう。

「俺、泳がされてる?」と彼が不快になる可能性も。

目は口ほどにものを言う?

面と向かって「携帯見せて」とか「休日はなにしてるの?」と聞くわけではないけど、彼をぞっとさせるのが「目で詮索」しているパターン。

初めて通された彼の部屋のキッチンや洗面所、ドライブデート中のダッシュボードの中身やシートの位置などを走る鋭い目つきは、意外なほどに彼にも気づかれています。

ほかの女の痕跡がないか、探るのに必死な目つきが「怖すぎてちびりそう」との声が多数聞こえます。

そんなに必死になるくらいなら直接聞いてくれた方がマシ!と思われているかもしれません。

ネットストーキング

ネットストーキング

最近よく聞くのが、彼のSNSでの人間関係をまるごと知りたがる女性は怖い、という声。

Facebookで彼とコメントのやり取りをしている人を監視したり、「同じタイムラインを見たい!」と、彼がTwitterでフォローしている人を全員フォローするなど、執念深さを感じさせてしまう行動に出てしまう人もいるようです。

しょせんSNS、バーチャルな世界だと思っても、されるほうはリアルの人間関係に踏み込まれるのと同じくらい不快になるでしょう。

SNSに関しては恋人同士でもおたがいのアカウントをあえて教えない運用をしている人たちもいます。

ネットストーキングは程々に。

彼を信用して冷静になってみて

相手のことをすべて知りたいという気持ちは、誰でも多かれ少なかれあるもの。

でも、それを実行してしまうのはさすがにNG。

度が過ぎた詮索は彼に「束縛する気満々だな」と思われます。

また、知らないほうが幸せだったことを知ってしまうことも増えるから、ますます彼に対する疑念が大きくなることも。

彼を信用すること、自信を持つことが大事です。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

●男性がうんざりする…この質問4つは聞かないで!