ほとんどの彼氏は、彼女のことを大切に思っています。

彼女のためにできる限りのことをしてあげたいと思うでしょう。

でも、どうしたらいいかわからなくて困ることがあるのも事実……。

感情的になって言ってしまうこんな一言は、もしかすると彼を困らせているかもしれません。

結局どうしたいの?彼女に言われても困ること3選

「どうしてわかってくれないの?」

共感してくれないことに対して、あるいは気遣いをしてくれないことや、やってほしいことをやってくれないときなどに、このセリフを言った経験のある方は多いのではないでしょうか?

でも、もし彼が「なんで」の部分を理解していれば、こちらが希望する行動をとってくれているはず。

「なんで」の部分がわかっていない状態で、「どうしてわかってくれないの?」と言われても、いったいなにを理解すればいいのかがわからず、彼も困ってしまいます。

まず、自分が感じている気持ちを明示してみてください。

「寂しい」「嫉妬」「〇〇してくれると嬉しい・悲しい」などです。

それから、そう感じてしまう条件(シチュエーション)を説明していきましょう。

「遅くなるなら電話してっていってるのに、なんでわかってくれないの?」と言いたいのであれば、「夜遅くなるときは心配になるから電話してね。事故とかトラブルに巻き込まれてないってわかったら、ちゃんと安心できるから!」と、言い換えられるかもしれません。

「わからないの」

言葉にはできない気持ちや、いまはどちらともいえないときに、言いがちなセリフ。

ただ、男性は「情報」や「事実」に基づいて自分の言動を決めたり、心の整理をしたりする傾向にあるので、「わからないの」と回答されると、困ってしまうようです。

「わからない気持ちを、わかってほしい」と思ってしまうかもしれませんが、ちょっとだけ男性にヒントを出してあげるのはいかがでしょうか?

たとえば、「〇〇であってほしいけど、いまはわからない」「もうちょっと後にならないと、わからない」と答えてあげるだけでOK。

「わからない」の理由や現状を少し付け加えてあげると、彼も心の整理がつけやすくなるはずです。

「前は○○してくれたじゃん!」

女性がつい言ってしまいがちなのが、「過去を蒸し返すセリフ」。

がっかりしたり、うんざりしたりするとつい、言いたくなってしまう女性も多いようです。

とはいえ、聞いた彼は十中八九「いまと昔は違う!」と、感情的に反論してしまうことでしょう。

このセリフをいいたくなったときは、焦点を変えてみましょう。

「いましてくれないことへの不満」ではなく、「以前してくれて嬉しかったこと」に切り替えて、彼に話してみるのがおすすめです。

たとえば、「前はすぐ迎えに来てくれたじゃん!」ではなく「〇〇のときみたいに、遅くても迎えに来てくれると嬉しいな~!」と言い換えられるかもしれません。

そうすれば、「すぐ前と比べる彼女の嫌味な要求」でなく、「彼女を喜ばせる価値ある言動」と感じてもらえるはずです。

相手にもわかるように説明してみて

大切なのは、「自分の気持ちに共感してくれて当然!」という前提で話さないことです。

もしかすると、男性と女性の考え方で、すれ違いが起こっているだけなのかもしれません。

「なぜそう思うのか」「どうしてほしいのか」を、わかりやすく前向きに伝えれば、きっと彼とも、よりいい仲になれるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)