男性って、結構ナイーブなところがあるので、女性から言われたなにげない一言に、わりと傷ついたりしているものです。

とくに好きな女性からの言葉が耳に痛いものだった場合、目に見えてへこんでしまいます。

そこで今回は、男性が「傷つく」言動を3つご紹介します。

あまり言わないで…男性が「傷つく」言動3つ

元カレとの比較

関係が親密になってくると、これまでの自分の恋愛遍歴についても話すことはありませんか?

恐らく、相手の男性に対して、あなたの恋愛スタンスを伝えたいという正直な気持ちから来るものでしょう。

でも、これって男性からすると結構どうでもいいというか、できれば聞きたくない話でもあります。

大人の恋愛をするわけですからね。

変に過去の恋愛の話をされても、男性側からしたら反応に困ることも多々あります。

過去の恋愛についての話題は、一切しないぐらいでちょうどいいのです。

多くを語らないほうがミステリアスな感じも出ますよ。

ほかの男性の話

男性は、女性がほかの男性を賞賛をしている様子を目にするのが辛いと感じるもの。

たとえば意識している女性が、自分よりもイケメンな男性について「あの人カッコイイよね、彼女いるのかな?」みたいな話をしていると、それだけで心が腐ってしまいます。

それからまれに、「あの人カッコイイよね、そう思わない?」みたいに同意を求める女性がいますが、止めたほうがいいでしょう。

言われた側は「俺はかっこよくないからね」と塞ぎ込むだけですし、気持ちもどんどん暗くなっていくのです。

気になる彼にフォーカスして話をしてあげましょう。

「いい人だよね」発言

「いい人だよね」発言

状況にもよりますが、好きな女性に言われたくないワードとして、「やさしい」あるいは「いい人ですね」は結構上位に食い込むよう。

出会って早々という場合なら言われてもなんとも思わないどころか、むしろ嬉しいものです。

ですが、長年一緒にいてかなり意識してしまうような女性言わてしまうと、「あ、俺はいわゆる『どうでもいい人』なのかも」と、勝手に落ち込んでしまうのだとか。

「いい人」と「どうでもいい人」は明確に別だと頭ではわかっているんでしょうけど、心がどうにもモヤモヤしちゃうんですよね。

やさしいに越したことはないのですが、やさしい止まりの男性には、なりたくないと感じているわけです。

発言に気を付けて

嫌いな女性からなにを言われてもどうでもいいものですが、好きな女性からの言葉って男性の心を大いにかき乱します。

今回はとくに、男性が「言われたくないなぁ」と思いがちなものを集めてご紹介しました。

うっかり口が滑って、似たような話をしないように、一応注意しておくと、今後の恋愛も安泰に一歩近づけるはずです。

(松本ミゾレ/ライター)

(愛カツ編集部)