恋愛のハウツーを見れば「男性をドキドキさせるにはボディタッチ」と頻繁に書かれているものです。

しかし、やたらに触れればいいという問題でもありません。

「なれなれしい」と思われてしまうことだってあるのです。

ボディタッチをする理由はなんでしょうか。自分を「異性である」と知らしめることにあると筆者は思うのです。

今回は男性が好きになる女性のボディタッチについて見てみましょう。

男性が好きになる女性のボディタッチ4選

話しかけながら「ねぇねぇ」

「思わず好きになっちゃう女性は、いつ付き合ったかな?と思えるようなとっつきやすい子ですね。

『ねぇ聞いてる〜?』なんてふくれっ面しながら、チョンチョンと触れられると、彼女のような距離感にドキドキしちゃいます。付き合ったらかわいいだろうなって、勝手に妄想しちゃうんです」(28歳男性/警察官)

好きになった相手との未来を気づいたら妄想していることってないですか? 

話しているうちに「これって付き合ってる?」と思わせてしまうようなフレンドリーな女性こそモテる秘訣なのです♡

いきなり頬に触る

「前にどきっとしたのは、一緒に飲んでいるときに頬をいきなりプニっとされて『えへへ』と笑われたこと。多分酔っていたのだと思いますが、急に愛しらしくなってイチャイチャしたくなっちゃいました。

ガードが硬い女性より、こういう女性とどうにかなりたいのが男心。でも、誰かれ構わずやっていると引きます(笑)」(27歳男性/フリーター)

男性が求めているのは「俺だけに近い女性」なのです。

あまり効果があるからとボディタッチを誰かれ構わずやってしまうのはナンセンス。

彼の様子をみながらやってみましょう。ときにはお酒の力を借りるのもありですね。

それとなく抱きつく

「それとなく抱きついてくる女性っていますよね。とくに理由とかなくてたとえばありきたりなお化け屋敷で、怖いというのでもない。

妹タイプの愛されキャラなんでしょうが、気づいたら僕の腕を持ってる(笑)」(33歳男性/看護師)

照れ隠しで「近いよ!」と怒りつつも、まんざらでもないのが男性。

「あ、ごめん。つい」と一言でOK。「ついってどういうこと?」と思わせるのが匂わせの秘訣なのです。

理由はいらないくらい「触れていたい」という本音がドキドキさせるコツ。

いたずらにくすぐる

「バーベキューをしているときに、急に後ろから僕の首に氷をつけてきた子がいました。すぐさまツッコミをいれたのですが『暑そうだったから』とニンマリ。そのあとは背中をそそーっと触ってきて『虫だと思ったでしょ』と。

いたずらが過ぎると思ったのですが、他の男にはやってないんですよ。これは男だからわかります。好きだからこそ、ちょっかい出したいってことですよね?」(29歳男性/医師)

男性なら「好きな女性にどうアプローチするだろうか」ということを突き止めた、素晴らしいアプローチですよね。

微笑んで許せるくらいのいたずらは、男性からすると「子どもっぽい」とうつるようで、だからこそ可愛く見えてしまうようですよ。

かわいいボディタッチを心得て

男性が好きになるようなボディタッチとは、ズバリあなたの好意が伝わるボディタッチです。

「もしかして俺のこと好き?」と錯覚するからこそ、そのタッチにドキドキしてしまうのが男心なのです。

男性が好きになる、そんなカラクリをきちっと覚えておかないと本末転倒してしまう可能性も。

ボディタッチの目的を見失わないようにしましょう!

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)