付き合いの長いカップルが悩みがちなのが、迫りくるマンネリ感。

それって「一緒にいる時間が長いからでしょ?」と思っている女性も少なくありません。筆者から言わせてみれば「そうじゃない!」のです。

多くのカップルがマンネリを迎えるとはいえ、その多くのカップルは「なぜマンネリを迎えてしまうのか」ということにフォーカスできていません。

新鮮さが薄れているのなら、どうすれば「新鮮さ」を取り戻せるのか考えるべきなのです。

もしかしたら彼女の、とある行動が原因で嫌われ始めているのかも……? 

マンネリの原因に?男性が嫌う彼女のダメ行動4つ

連絡がルーズ

「彼女は営業職なのですが、デートが明日に差し迫っているのに待ち合わせの時間とか場所を決めている最中に既読スルーを平気でするんですよ。
仕事柄そこで連絡止める?と思っちゃう。そういう大事なことって早く決めたいのが僕の性格なので、波長が合わなくてモヤモヤしちゃう」(29歳男性/弁護士)

連絡の波長が合わないのは、交際を続けていく上で欠点になります。

頻度は多すぎてもいけませんし、なさすぎても「寂しい」という思いを与えてしまうことでしょう。

彼と連絡の頻度が合わないと思ったら、素直に連絡に対しての取り決めを行うとスムーズです。

金銭感覚が合わない

「デートのたびに出費がかさむんですよ。最初のうちは楽しかったのですが、結婚を考えたときに毎回あんなにデートにお金をかける人と結婚?と不安に。
そのぶん節約しているところを教えてくれたら、少しは印象が変わるのかも」(32歳男性/経営者)

金銭感覚がおかしいと思われていては、いつまで経ってもプロポーズされません。

彼が何か言いたそうなときほど、潔く聞いてみるのも手段の一つ。

それで喧嘩になっても、本音を言えるいい機会と捉えてみては?

お礼を言わない

お礼を言わない

「付き合ってる彼女ですが、お礼を言わないことが多いんです。マンネリだしこのくらいして当たり前!と思われてるのかな。ご機嫌とりじゃないのに、ちょっと寂しいです。
そんなとき同僚に書類を渡すだけで『ありがとう』と言われたら、そりゃグラッときちゃいますよ」(26歳男性/看護師)

マンネリだからと八つ当たりするような姿勢はいけません。

彼氏と一緒にマンネリを乗り越えていく気持ちでいきましょう。

やってくれたことに対して、素直に「ありがとう」と伝えるべきです。

見た目に気を使わなくなる

「見た目で付き合っているわけではないですが、会うたびにスッピンだったり彼女の地元だからとジャージで遊ばれるのはちょっと引いちゃう。なんとなくだらしない感じがするんですよね。
家のなかまでしっかりしていてほしいわけではないですが、外に出るならそれなりのファッションはしてほしい。隣を歩くのが辛いです」(21歳男性/介護士)

交際当初は会うたびに「明日は何を着て行こうかな」とドキドキしている女性も、付き合いが長くなるにつれてファッションに手抜きをしがちになります。

それを彼はしっかりと感じ取って、自分への愛情が減退したのだと思っている可能性もあるわけです。

彼氏が嫌う女性って?

付き合うまでは「私のことを好きになってほしい」と一生懸命アプローチしていた女性。

彼から「どう思われているか」ということを必死に考えていたはず。

しかし両思いになると「愛されて当たり前」という思いが出てきてしまいます。

そうではなく「どうしたら愛され続けるか」ということを考えること。それが幸せな交際を長く続けるコツなのです。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)

【実際のエピソード】男性が別れを考えたきっかけ