毎日朝から夜遅くまで仕事に一所懸命励んでいる男性。そんな彼と付き合っている人もいるでしょう。

なかなかデートできない、そもそも会う時間もあまりつくれないなんて状況はもどかしいですよね。

それだけならともかく、LINEも未読となるといよいよ不安になるはず。彼は大丈夫なのでしょうか。

今回は「激務な彼氏との付き合い方」を紹介します。

LINEも未読なんて…。激務な彼氏との付き合い方とは

連絡の頻度を考える

LINEなどを送らず放置しておけばいいのか、それともねぎらいの言葉を定期的に送るべきなのかは、彼の性格によります。

仕事でいっぱいいっぱいになるタイプなら「こんな意味のないもの送ってくるな」とイライラされる可能性も。放置したほうがよいかもしれません。

一方で余裕があるタイプなら、癒やしを感じてくれるはずなのでねぎらいの言葉を送ってみてあげてください。

送る場合も、「返事はいらない」スタンスで週に数回くらいのペースで連絡するのがベスト。

彼のタイプによって、一日に一回は送ってもいいでしょう。

心配しすぎない

LINEも未読のままだと「倒れているかも」と心配になりますが、倒れて数日間そのまま……はさすがにないでしょう。

まず彼に会社から電話が来て、出ないのなら上司や同僚が家に様子を見に来るはず。また彼の家族や大家さんの存在もあります。

「倒れているのを彼女に見つけてほしい」という男性はほとんどいないでしょう。

心配しすぎずに待ってみるのも、ひとつの手です。

付き合っていくコツを理解する

付き合っていくコツを理解する

どんなに激務でも男性は、本気で付き合っている女性や大切にしたい女性を、そのままずっと放置するなんてことはありません。

心にはいつも、彼女のことがあるはずです。

そこで、激務の男性と付き合っていく上でのコツが3つあります。

「彼との付き合い方の正しい距離感をつかむこと」「自分の時間を持ち、充実させて楽しむこと」「会えたときは心から喜び、楽しい時間を過ごす」

これらを理解し実践することが、肝心でしょう。

本当に彼女を好きならば、一分二分でも見つけて連絡するはず。スマホを数日間まったく触らないなんてことはありません。

激務と言えども、大切な人のためには時間をつくってくれる男性がほとんどでしょう。

電話してみる

ただ本当に彼の安否を確認したいのなら、一度くらい会社に電話をしてみてはどうでしょうか。

本命の恋人なので別におかしくありませんし、周りも不審には思わないでしょう。

「まったく様子がわからなかったから心配した」とと言えばむしろ我に返るというか、彼女の心配に気づきます。

そこで何もないのならひと安心。でも彼が怒ったり彼女に安否確認されて何とも思わなかったりするようなら、お付き合いを考えたほうがいいかもしれません。

どれだけ彼女を考えているか

多忙はしかたのないことですが、そのなかで「どれだけ彼女のことを考えているかどうか」です。

「すきま時間に思い出しもしない」のなら、彼氏に問題があるかも。

それでは本命でも好きでもなんでもない可能性もあるので、考え直してもいいかもしれません。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)