気になる彼との距離を縮めるには、コミュニケーションの頻度が大事になってきますよね。

いきなり気持ちを伝えても、それは無謀かもしれません。

まずは気になる彼との距離を詰める必要があるでしょう。

そこで今回は、男性がつい話しかけたくなる女性の特徴を3つご紹介します。

もっと近づきたい!男性がつい話しかけたくなる女性の特徴3つ

SNSで適度に絡む

「SNSでちょこちょこ絡んでくれる子とは話しやすいかな。めちゃ絡まれると引くけれど」(30歳/コンサル)

「SNSでいいコメントや自分に近い意見を持っている子がくると、ちょっと気になるかな」(29歳/不動産)

SNSで絡むことは重要です。

でも気をつけないといけないのは絡み方。

どんな投稿に対してもべったりいいねをしたり、コメントをしたりするのは、単なるうざったい子。

特定のトピックや、彼ならではの考え方などが出ている投稿に対して共感してあげてください。

そうすると、「お、この子はどういう子なんだろう?」と男性は気になりはじめるでしょう。

相手の目を見て話す

「目をそらさないで、こっちをちゃんと見て挨拶してくる人には話しかけやすいよね」(26歳/IT)

「にっこりこっちを見て話してくれる人を見ると、なんとなく気になってしまう」(28歳/通信)

恥ずかしがって目を見ないで話すと、不審な人のように思われてしまう一方で、しっかり目を見て話してくれる人には男性は好印象を抱きがち。

恥ずかしいという気持ちがあるかもしれませんが、まずは意中の人に対してはしっかり顔を見てコミュニケーションを取るように心がけてくださいね。

常に彼を褒める

「こんなぼくでも褒めてくれるんだ、と思うと嬉しくなる」(27歳/食品)

「たまに褒められるのではなくいつも褒められると、ちゃんと見てくれているのかなという気になる」(32歳/地方公務員)

好意を持っている相手を褒めるのは誰でもすると思うのですが、「いつでも」褒めるのが大事です。

仕事でなにかをしてもらったとき、LINEで話をするとき……いつでも少しでいいので褒めのコメントを入れておきます。

少しくらいの褒めなら、わざとらしいと思う人もいますが、毎回毎回褒められると、「この人本気で自分を褒めてくれるのかな」と男性も気になりはじめます。

大事なのは継続。

褒めるなら心底褒めまくるのがコツです。

モテへの道は長いよう

このようなことをいつもしてくれる女性の周りには、結果男性が寄ってきます。

いわゆるモテの習慣です。

モテようと思ってもすぐにモテるようにはなりません。

結局のところ、こういったことを諦めずに続けられるかが大事ですよ。

(愛カツ編集部)