気になる男性とLINEができる仲になったのに、なぜか彼からのリアクションがイマイチ……なんてことはありませんか?

今回は、「この子と付き合うと依存されそう」と男性が警戒してしまうLINEの特徴をご紹介。

じつは、好きだからこそやってしまいがちな行動がたくさんあるよう……。

心当たりのある人は早めに見直しましょう!

男性が「この子と付き合うと依存されそう…」と警戒してしまうLINE3つ

彼からのLINEには常に即レス

「こっちがどんなに返信が遅くなっても、即レスでLINEを返してくる女の人はちょっと苦手です。
すごく待たれている感じがして、そのうち『あなたがいないと生きていけない!』とか言われそうで怖いなって思います」(26歳男性/webサイト運営)

彼からLINEが来ると、つい嬉しくて即レスしてしまう女性は多いもの。

しかし、それがいつもだと男性は少し重荷に感じてしまうこともあるようです。

すぐに返事ができなくても、コミュニケーションが成立するのがLINEのメリット。

ときには時間を置いて返信することで、安心してやりとりできるかもしれません。

返信前に新たなメッセージを送る

「急ぎでもないのに、こっちが返信する前にメッセージを連続で送ってくる女の子は依存体質っぽいなって思っちゃいます。
付き合う前にそういう傾向があるってわかったら、ちょっと距離を置きますね」(25歳男性/理学療法士)

彼からの返事が待てなくて、ついメッセージを続けて送ってしまっていませんか?

軽い気持ちで送っていても、男性は警戒してしまっているかもしれません。

仕事やプライベートの用事で忙しい男性にとって、すぐに返信できない状況は珍しくありません。

相手にも都合があることを考えて、必要以上に一方的にメッセージを送るのは避けたほうがよさそうです。

文章なしで写真だけ送る

文章なしで写真だけ送る

「突然写真だけ送られてきて説明のメッセージなし、みたいなやりとりは苦手です。
何を伝えたいのかもわからないし、こちらの出方を試されているみたいで、いやですね。ちょっとかまってちゃんな気がします」(25歳男性/金融関係)

写真だけを送る女性の心理には、おもしろい写真やかわいい写真を評価してほしいという気持ちがあるのかもしれません。

しかし、男性からするとリアクションを試されているようで、あまり心地いいものではないようです。

とくに付き合う前の段階では、きちんと言葉で気持ちを伝えることが重要。

写真だけを送るような変化球よりも、わかりやすいメッセージを送る直球勝負の方が、相手に響くのかもしれません。

肩の力を抜いて、楽しいLINEを

依存体質だと警戒されてしまう女性のLINEは、相手の状況に構わず一方的になりがちなのかもしれません。

相手を思う気持ちは、LINEでも伝わるはず。

彼とのLINEではつい気合が入りがちという人は、ちょっと肩の力を抜いてみてくださいね。

(愛カツ編集部)