好きな人と一緒にいると、「幸せだな」と感じるもの。

彼がどんなときにそう感じるのかを知れたら、いま以上に大切にしてもらえるはず。

そこで今回は、男性が彼女といるときに「幸せを感じる瞬間」をご紹介します。

ずっと一緒にいたい!彼女といるときに「幸せを感じる瞬間」

そっとフォローしてくれるとき

仕事でミスをしたときや落ち込んでいるときに、彼女の存在に助けられることもあるはず。

何も言わずにそっとフォローしてくれたり、さりげなくそばにいてくれると、「この子が彼女でよかった」と心から思うのではないでしょうか。

ただ、どんな人にも「そっとしてほしい」と思う瞬間はあるもの。

そんなときは、あまりおせっかいを焼かずに、気配りを見せてあげられるとベストでしょう。

彼にとってホッと落ち着ける存在でいることが大切です。

看病をしてもらったとき

風邪でダウンしたり体調不良で寝込んでいるときに、何も言わずに看病してくれる彼女の姿に、惚れ直す男性もいるはず。

とくに、ひとり暮らしの男性にとっては、自分が弱っているときにそばにいて、献身的に尽くしてくれる彼女には大きな愛情を感じるものです。

そんな彼女のことは、心のなかで「本気で守っていきたい」と思うでしょう。

素の自分でいられるとき

好きな人の前では少しでもカッコイイところを見せたいと思う男性は少なくありません。同時に、ダメな部分は絶対に見られないようにと努力することもあるでしょう。

しかし、時にはそうやって気を張っているとときに疲れてしまうこともあります。

そんなとき、素の自分を受け入れてくれる彼女に、ありがたみを感じるのではないでしょうか。

飾らずに、信頼し合えている関係性に、幸せを感じているはずです。

言わなくてもわかってくれるとき

仕事で疲れてるときに気づかってくれたり、話しをちゃんときいてくれたり、自分が欲していることを察してくれる。そんな彼女のことは、大切にしたいと思うはず。

口に出して言わなくても自分の気持ちをわかってもらえたときに、心が通じ合っていると感じて、じんわりと幸せを噛みしめるのでしょう。

手放したくない彼女になろう

一緒にいて幸せを感じる彼女のことは、自然と「手放したくない」という気持ちが芽生えてくるもの。

彼からそう思ってもらえることは、恋愛を長続きさせるために欠かせない大切な要素です。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)