疲れていると、「ひとりになりたい」と思う男性も多いもの。

そのため、付き合っていても会う機会も減り、自然と別れが近づいてしまうこともあるようです。

しかしなかには、お互い忙しい合間をぬって、毎週のようにデートをしているカップルもいますよね。

そこで今回は「どんなに疲れていても『会いたい!』と思う女性の特徴」についてリサーチしてみました。

どんなに疲れていても…!男性が「会いたい」と思う女性の特徴3つ

忙しさへの理解がある

「『忙しいから長い時間は会えない』と言っているのに『私のこと好きじゃないんだ!』と責められると萎えてしまいます。もう会いたくなくなりますね」(34歳男性/技術職)

駅前などで「まだ帰りたくない!」と、ぐずっている女性を見かけたことがあるかもしれません。

大好きな彼と離れたくない気持ちもわかりますが、次の日仕事が待っている男性からすると、負担になってしまいかねません。

やはり忙しい自分を理解してくれる女性に、彼らは心惹かれるようです。

「明日朝早いんだ」と言われた際には、早めに帰るのがベスト。

最後に「忙しいのに会ってくれてありがとう」と付け加えるだけで、またすぐに彼からデートのお誘いが入るはずですよ。

むやみに話しかけてこない

「ポジティブで元気なのはいいんですが、それを疲れているときに押し付けられるとしんどいです」(30歳男性/教育)

男性はあまり自分のことを話したがらない傾向があります。

とくに、疲れているときにアレコレ根掘り葉掘り聞かれてしまうと、ストレスも倍増。

「だからひとりのほうが楽なんだよなぁ……」「結婚したらもっと大変そう」と思われてしまいます。

彼が疲れているときは、むやみやたらにテンション高く話しかけないほうがいいでしょう。

一緒にいるだけで心地良い空間が作れるように、意識していきたいものですね。

サクサクとプランが決められる

サクサクとプランが決められる

「元カノは『土曜日空いてるけど会える?』などと聞いても、曖昧な返事ばかりで……。
付き合い始めは『忙しくても時間を作ろう!』と思っていたのですが、だんだんと面倒になりました」(27歳男性/営業)

いちいちご機嫌伺いしないといけないとなると、会うのが億劫になるのもうなずけるかも……。

とくに、疲れている場合はなおさらでしょう。

忙しくても気を遣ってくれて、サクサクと予定を決められる女性は好感度大。

お付き合いも長続きするでしょう。

またあらかじめ自分から「次の休みはここに行きたい!」とお願いをしておけば、たとえ疲れていても「彼女とデートしたいな」という気持ちになるかもしれません。

疲れている彼をいたわって

疲れている彼に自分の意見ばかり主張してしまうと、関係は崩れてしまいます。

彼の仕事が忙しい日はあっさりとした対応を心掛けましょう。

そのほうが彼も自然とあなたに会いたくなるはずですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)