気になる彼とデートをするなら、実りのあるものにしたいですよね。

自分の魅力を伝えつつ、相手が告白の決心をしてくれるよう、うまく誘導してみませんか?

そこで今回は、3回目のデートで告白されるためのポイントをご紹介。愛され女子を目指して、素敵な恋を手に入れましょう!

愛され女子になろう!3回目のデートで告白されるポイントとは?

デート前後には必ずLINE

デート前、デート後の連絡は大切。LINEを通して、あなたの気持ちを彼に伝えることができます。

デートの前には、楽しみにしている気持ちを伝えましょう。それがあるだけで、彼はあなたからの好意を受け入れやすくなります。

また、デートが終わったあとは、楽しかったというデートの感想に加え、「ありがとう」とお礼の気持ちを伝えてください。

デートは対等な立場で楽しむものですが、感謝の気持ちを伝えることでそこに幸せが生まれます。

LINEで間接的に好意を伝え、彼の中のあなたの存在を大きくしていきましょう。

マナーと時間に気をつける

異性として意識してもらう以前に大切なのがマナー。マナーとは、言い換えれば「思いやり」のこと。

彼が嫌な思いをしないことはもちろんですが、彼以外の人にもしっかり思いやりを示しましょう。

たとえば、デートで訪れたお店の店員さんへの気づかいや、声のボリューム・会話の内容などのマナーも大切です。

また、デート時間の長さにも気をつけてください。

一緒にいたい気持ちはわかりますが、あまり遅くまでいると「遊んでる?」「軽い子?」と思われてしまうかもしれません。

彼があなたと「もっと一緒にいたい……」と思わせるところで切り上げ、「また会いたい」と感じてもらうことが大事です。

笑顔以外の表情も見せる

デート中の基本は、もちろん笑顔。でも、ずっとニコニコしてるだけでは、押しが足りないかもしれません。

ときには、ちょっと寂し気な表情をしてみたり、真剣なまなざしで彼の話を聞いたりすることも大切。

それらの表情が彼の目に焼きついて、帰宅してから意外と思い出す男性も少なくないようです。

笑顔だけではない表情も見せていくことで、「俺が支えたい」「心の支えになってくれそう」と思ってくれるかもしれませんよ。

2回目のデートで安心させない

告白へ誘導するなら、多少の駆け引きも欠かせません。特に気をつけたいのは、男性を安心させないことです。

「逃したくない獲物」として、男性の本能を刺激するような雰囲気を意識してみましょう。

たとえば、「〇〇してほしいな」「〇〇にもいってみたい」と、おねだりしてみるのもアリ!

そのうえで、「他の人からも誘われたんだけど、私は〇〇くんと行きたいな」と、他の男性を匂わせるのも効果的です。

「タイミングを逃したら誰かにとられるかも!」と思わせることができれば、告白の日も近いはず。

「この子は俺のことが好きだから大丈夫だろう」と、彼を安心・受け身にさせないようにしてくださいね。

目指すは印象に残る女子

1回目のデートは、お互い探り合い。2回目があれば、少なからず好意を持っている状態といえるでしょう。

そこで、どれだけ彼を惹きつけ、彼の印象に残るかが重要なポイント。

3回目のデートまでに、彼が離したくないと感じる女子になれるよう、ご紹介したことを頭に入れて自己プロデュースしてくださいね!

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)