「デートはいつも初回だけで、次の誘いがない」「何度かデートしてもそれっきりになりやすい」

こうした経験が重なると、自分に自信がなくなったり、傷つくのが怖くて行動できなくなったりしますよね。

でもそれは、決してあなたに魅力が足りないからではなく、「告白される確率が上がる行動」を実践していないからかもしれません。

そこで今回は、男性からの告られ率がアップする行動についてご紹介。いますぐ実践して、恋のチャンスを逃さないようにしましょう!

告白される確率アップ!「男心をくすぐる行動」とは?

初デートはサクッと帰る

初デートはいい感じだったのに、告白どころかその後の誘いすらない……。

そんな女性の多くが初デートでやりがちな失敗が、長居しすぎることです。

念願の彼との初デートは、会話が弾むし楽しいし、時間の許す限り一緒にいたい!そんな気持ちになりますよね。

でも、ついつい楽しんで長居しすぎてしまうと、男性は「楽しかった!以上!」とおなかいっぱいになってしまうそう。

そんなことになっては告白はおろか、次のデートにも結びつきません。

なので、初デートはお茶をしたり軽く食事をしたりなど3~4時間程度にして、少し名残惜しいくらいで解散するのがベスト。

もしすでに「初デートから一日一緒に過ごしちゃった……。」という場合は、距離を保ちつつ、あなた自身のイメチェンをしましょう。あr
それからしばらくしたら、あなたから誘って仕切り直し!というのがリベンジへの道です。

スキを見せる

「告白してもらえない=女性として圏外」ではありません。

何回かデートしても告白されなかった。彼は私を、ただの女友達としてしか見てなかったんだな……。

そんなケースの裏には、告白するチャンスがつかめなかったという男性側の心理が隠れていることもあります。

中には、「帰りに公園に誘って告白しようと思ったのに『公園?虫がいるからヤダ』と言われて終わった」なんて声も。

女性の何気ない言動で「もうチャンスがない。終わった」と、勘違いしてしまう男性は一定数います。

なので、告白されそうな予感のある日は、いたるところでスキをつくっておくのがポイント!

先ほどの公園のケースのように、彼が誘うところにはとりあえずついて行ってみるとか、彼が何かを言いにくそうにしてたら「どうしたの?」と優しく聞いてあげるとか。

初デートでなければ、別れ際にあっさり帰らない配慮も大切です。大事な話ができるようなスキをきちんと見せてあげましょう。

恋バナで距離を縮める

「社交辞令でデートに応じてくれたのかもしれない」そんなふうに感じる男性もいるのだとか。

そんなとき、女性から「恋愛対象として見ていますよ」アピールがあれば、男性は告白しやすくなるもの。

そこで、おすすめしたいのが、恋バナをしてみることです。

恋愛のような踏み込んだ話をすることで、心を許しているように感じるし、ちょっとのときめきが「異性として見てます」アピールになるそう。

ただし、「モテちゃって大変」アピールや「二股かけられて捨てられた」「元カレが忘れられない」など、マイナスにとられやすいものはNG!

「初恋の子はどんな子だった?」「どんな女性がタイプ?」など、ライトに攻めるのがいいでしょう。

シャイな男性は多い!

「私のことが好きなら、ちゃんと告白してくれるはず!」いえいえ、それは女性の思い込み。

実際のところシャイな男性は多く、ささいなことで心が折れてしまうもの。

告白という決定打は彼に任せるとしても、男性にばかり期待をかけないで、女性からアシストしてあげる姿勢も大切ですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)