友達としてはいいのだけれど、恋人としてはちょっと……。

そんなふうに、「いい人」止まりになってしまった経験はないでしょうか。

人間的には素敵なのに恋愛対象にならない、ってもったいないですよね。

男性にとって、恋愛対象になりにくい女性ってどんな人なのか、その特徴をご紹介します。

あわせて「いい人」から一歩進んで、愛される女性になるためのコツをお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

いつも「いい人」止まり…恋愛対象になりにくい女性って?

爆笑ネタや自虐ネタが多すぎる

おもしろくて場を盛り上げてくれる女性は、友達としては素敵です。

でも、モテる女性には多かれ少なかれ「色気」が必要になります。

残念ながら「おもしろい」「自虐」と「色気」は全く結びつくことがありません。

自虐ネタを言う女性は、優しくて気をつかえるいい人が多いものです。

自分を落とすだけで誰も傷つかず、場も盛り上がる。友達としては本当に理想的。

ですが、男性からするとそういう女性を「恋人」の座に置こうとは思いません。

爆笑よりも色気の方が、恋人として求められることが多いからです。

そのため、自分を後まわしにしたり大事にしない女性は「色気」に欠け、恋愛対象にはなりづらくなってしまうのですね。

色気は「自分を大事にする」ことで生まれるものです。

男性の前では、自虐ネタもほどほどにした方がいいかもしれませんね。

もの分かりがよすぎる

男性は恋の駆け引きを楽しむ人が多い傾向にあります。

駆け引きとは、予想とその裏切りの連続。つまりギャップですよね。

「この人何を考えているのだろう?自分のことを好きでいてくれるのだろうか?」そんなドキドキと不安を感じさせてくれる相手を好きになることが多いようです。

逆に、いつでも素直に話をしてくれたり優等生的な答えをくれる相手には、恋愛感情は抱きづらくなってしまいます。

友人としての信頼と、恋人としてのドキドキ感は全く別のものと考えましょう!

積極的にアピールする女性

ぐいぐい自分からアピールしたり、自分から話をたくさん振ったり、積極的に男性にアタックする女性は、男性からすると手に入れたい、恋をしたいと思わない相手となるようです。

幸せな恋愛をしている女性は、男性から積極的にアタックされた人のほうが圧倒的に多いと思います。

こちらに興味がない男性に対して、女性から頑張ってアタックする=都合のいい女という図式に、どうしてもなってしまいがちです。

男性も計算はしますから、心理的に一度下と位置づけした相手を決して上に見ることはなくなってしまいます。

幸せな恋愛をするには自分を常に「少し」上に見せるようにするのがコツ。

あまりにも上から目線だと嫌な女になってしまいますが、少し優位に自分を持っていくことが大事です。

いい人から愛され女性へ

繰り返しますが、友達どまりになってしまう女性は本当に「いい人」が多いのです。それは褒められるべきこと。

でも、愛される女性になるためには「いい人」の殻を少し破る必要があることを覚えておいてくださいね。

(愛カツ編集部)